サイクリスト

1000万台以上提供「ofo」と連携「くまモン自転車」5万台が中国へ シェアバイクサービスで1億回利用目指す

  • 一覧

 熊本県は中国企業と連携し、1月16日から、県のPRキャラクター「くまモン」のイラストをあしらった自転車5万台を、現地のシェアサービスで使用する。人気のキャラクターで熊本ブランドをアピールする狙い。1カ月間の予定で導入し、計1億回の利用を見込む。

シェアサービスの自転車に乗ったくまモンと記念撮影に臨むサイバーソーシングのスティーブ・チャン社長(左)と蒲島郁夫熊本県知事=熊本県庁 (河添結日撮影)

 県によると、上海や北京などで1000万台以上の自転車シェアサービスを提供している「ofo」と連携する。企画に協力したサイバーソーシング(熊本)のスティーブ・チャン社長は1月11日、蒲島郁夫知事に面会し「くまモンは中国でも人気だ。熊本県の知名度を広めたい」と語った。

 期間中は、利用者が申し込み時に使うスマートフォンのアプリにくまモンが登場したり、インターネット上でくまモンが自転車に乗り、熊本城や黒川温泉といった観光地をめぐる動画を公開したりする。

産経新聞より)

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

             

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載