サイクリスト

ツアー・ダウンアンダー機材レポート2018バーレーン・メリダの新城幸也は「リアクト チーム-E」を使用 UCIワールドチームの最新バイク<1>

  • 一覧

 1月16~21日にオーストラリアで開催される2018年のUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアーの初戦「サントス・ツアー・ダウンアンダー」には、トップカテゴリーのUCIワールドチーム全18チームが出場している。第1回は新城幸也が所属するバーレーン・メリダや、男子エリート世界チャンピオンのペテル・サガン(スロバキア)が所属するボーラ・ハンスグローエのチームバイクを紹介する。

バーレーン・メリダ

新城幸也が駆るバーレーン・メリダのメリダ「リアクト チーム-E」 Photo: Yuzuru SUNADA

 新城が所属するバーレーン・メリダは、チーム名にある通り台湾のブランド「メリダ」のバイクを使用する。新城が乗るのは2018年モデルでモデルチェンジを果たした「リアクト チーム-E」だ。UCIのレギュレーション変更にあわせて、よりエアロな形状に生まれ変わった。コンポーネントは電動変速のシマノR9150系で組まれ、クランクにはSRMのパワーメーターを採用。

ボーラ・ハンスグローエ

ボーラ・ハンスグローエのリュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ)はスペシャライズド「S-WORKS ターマック SL6」を駆る Photo: Yuzuru SUNADA

 アルカンシエルを着るサガン率いるボーラ・ハンスグローエはスペシャライズドのバイクを駆る。リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ)が使用するのは「S-ワークス ターマック」のSL6だ。ホイールは同社のホイールブランドである「ロヴァール」を装着。188cmの長身とあり、ダイナミックな落差が特長のポジションとなっている。

ディメンションデータ

ディメンションデータのラクラン・モートン(オーストラリア)が乗るサーベロ「R5」Photo: Yuzuru SUNADA

 カナダのバイクブランド「サーヴェロ」を使用するのはディメンションデータ。地元出身のラクラン・モートン(オーストラリア)はRシリーズのハイエンドモデル「R5」をチョイス。メインコンポーネントはシマノだが、クランクはローターのパワーメーター「2inパワー」を採用。チェーンリングはより高剛性なカーボンモデルをアッセンブルしている。ホイールやハンドル、ステムはエンヴィ製で、バイクの各所にはチームのロゴやイメージカラーが施されている。

AG2Rラモンディアール

AG2Rラモンディアールのマッテーオ・モンタグーティ(イタリア)はファクター「02」を使用 Photo: Yuzuru SUNADA

 AG2Rラモンディアールは昨年に引き続き、イギリス初のバイクブランド「ファクター」をチームバイクに採用。マッテーオ・モンタグーティ(イタリア)はフレーム重量740gと軽量ながら、オールラウンドな性能を持つ「O2」を使用する。セラミックスピードのビッグプーリーケージが目を引く。

アスタナプロチーム

アスタナプロチームのリカルド・ミナーリ(イタリア)はアルゴン18「ナイトロジェンン」に乗る Photo: Yuzuru SUNADA

 アスタナプロチームは今年もカナダのバイクブランド「アルゴン18」がスポンサーについている。リカルド・ミナーリ(イタリア)はエアロロードバイクの「ナイトロジェン」をチョイス。Vブレーキタイプのアームをフロントフォーク、シートステーに配し、エアロ効果を狙う。カラーは同チームが登録するカザフスタンカラーが施されている。

BMCレーシング

 BMCレーシングはメインスポンサーのBMC「チームマシン SLR01」がメインバイク。コンポーネントはシマノR9150、ホイールは「WH-R9100-C40」という質実剛健なアッセンブルとなっている。アメサイドのタイヤとホリゾンタルに近いフレームがトラディショナルな雰囲気を漂わせる1台だ。

BMCレーシングのマイルズ・スコットソン(オーストラリア)はBMC「チームマシン SLR01」を使用 Photo: Yuzuru SUNADA

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載