サイクリスト

御神火ライド2018

新製品情報2018深みのある輝きを放つ青い工具 KTCのネプロスに「鉄紺シリーズ」が登場

  • 一覧

 KTC(京都機械工具)の高品質工具シリーズ「ネプロス」に、日本の伝統色「鉄紺」(てつこん)色の表面処理を施した「鉄紺シリーズ」が登場しました。深みのある青い輝きが存在感を放つ数量限定アイテムで、ラチェットハンドルの単品2アイテムと、セット13アイテムが発売。

「ネプロス ラチェットハンドル 鉄紺」の6.3sq.(上)と9.5sq. ©KTC

 日本の伝統色である鉄紺は、藍染めを繰り返して得られる古くから親しまれてきた色で、特に藍染めの盛んだった江戸時代には一般的な色だった。ネプロス「鉄紺シリーズ」は、密着性・表面耐久性・装飾性に優れた真空めっき「イオンプレーティング」(iP)を表面処理に採用。ニッケル×2+クロム+iPの4層構造で美しさと機能を高次元で両立している。光の当たり方や角度によって、深みのある青から黒に近い濃紺まで変化し、趣のある深い輝きを楽しめる。

ネプロス 9.5sq.ツールセット 鉄紺[41点] ©KTC

 6.3sq.と9.5sq.のラチェットハンドル単品のほか、レンチセットやソケットセットなども発売される。鉄紺仕様の専用チェストに、9.5sq.ソケットレンチ類やヘキサゴンビットソケット、コンビネーションレンチなどをセットした「ネプロス 9.5sq.ツールセット 鉄紺[41点組]」は3月発売。

■ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル 鉄紺
標準小売価格:10,000円

■ネプロス 9.5sq.ラチェットハンドル 鉄紺
標準小売価格:13,000円

■ネプロス 9.5sq.ツールセット 鉄紺[41点組]
標準小売価格:245,000円

オートサロンで美しさをアピール

 KTCは千葉市・幕張メッセで1月12~14日開催の、カスタム自動車の展示会「オートサロン」にブースを出展。鉄紺シリーズの実物を見て、その美しさや世界観に触れられる特設コーナーを用意し、来場者たちの注目を集めた。

オートサロンのKTCブースで大きく紹介された鉄紺シリーズ Photo: Naoi HIRASAWA

 他にもオフィシャルグッズや福袋が販売され常に盛況。KTCの公式キャラクター「ケイティ」に扮した女性モデルが来場者の撮影に応じるなど、大勢の人で賑わうブースに彩りを添えた。

常に賑わうKTCブース Photo: Naoi HIRASAWA
KTC公式キャラクターの「ケイティ」に扮した美環さん Photo: Naoi HIRASAWA

関連記事

この記事のタグ

KTC 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載