約9カ月ぶりのレース復帰萩原麻由子がウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー出場 再起かけたシーズンがスタート

  • 一覧

 今季、イタリア籍のUCI女子チーム「アレ・チポッリーニ」に移籍した萩原麻由子が、オーストラリアで1月11日に開幕した4日間のステージレース「サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー」で2018シーズンの初戦を迎えた。昨年4月以降、伝染性単核球症による体調不良でレースを離れていた萩原にとって、再起をかけた重要なシーズンがスタートした。

スペインでのチームキャンプに参加した萩原麻由子 © Alé Cipollini

 長期間レースから遠ざかっていた萩原は、多くの人のサポートを受けながら復帰を目指し、レースに出場できるまで回復した。スペインでのチームキャンプや沖縄での自主キャンプを経て9日に現地入り。チームと合流し、開幕戦を迎えた。

 年々盛り上がりをみせる「サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー」。今年は第2ステージに山頂ゴール、第4ステージにクリテリウムが組み込まれるなど、4日間のレースは毎ステージ、タイプの異なるコース設定がされている。

 1月のオーストラリアは真夏のため連日40℃を超す暑さに見舞われるが、厳しいコンディションのなか、地元オーストラリア出身のスプリンターで、再びチームメートとなったクロエ・ホースキングらとともに勝利を目指す。

アレ・チポッリーニのサントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー出場メンバー ©Alé Cipollini

 ダウンアンダー出場後もオーストラリアのレースを転戦し、25、27日の「カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース」と30、31日の「ウィメンズ・ヘラルドサンツアー」に出場する予定だ。

萩原麻由子のコメント「初めの一歩、心して」

 日本で調整を終え、9日に無事オーストラリア入り、チームと合流しています。 いよいよ明日シーズン初戦開幕ですが、リラックスした雰囲気の蛍光黄色ハイビスカス集団は終始穏やかに(?)過ごしています。
 自身としては昨年4月ぶりとなるレース“復帰”ですが、改めてレースへ戻って来れたことに感謝し、いつもどおりスタートを切ってきます。
 良いシーズンにできるよう初めの一歩、心して行ってきます!

関連記事

この記事のタグ

萩原麻由子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載