あらゆる天候に1つで対応調光・偏光が一つに ティフォージ・オプティクスから「ポラライズドフォトテック」モデル登場

  • 一覧

 アイウェアメーカー「Tifosi Optics」(ティフォージ・オプティクス)の2018年モデルに、あらゆる状況に対応できる「ポラライズドフォトテック」(調光偏光)レンズモデルが登場した。紫外線に反応して透過率が自動で変化するフォトテック(調光)レンズ、そして海面や雪面などのギラつきを抑えるポラライズド(偏光)レンズの機能を一つのレンズに集約。強い日差しや曇りなど天候がめまぐるしく変わるライドでも、これ1つで幅広いシーンに対応する。

「ポラライズドフォトテック」レンズを搭載した「クリット」 ©Tifosi Optics
タイラント2.0(カーボン) ©Tifosi Optics

 ラインナップは「CRIT」(クリット)と「Tyrant(タイラント)2.0」の2種類で展開。クリットはエッジの効いたテンプルが特徴的なハーフフレームモデル。オーソドックスなデザインながらも最適なフィッティングを実現する。

 一方のタイラント2.0はハーフフレームで最もポピュラーなモデル。親水性ラバーや調整可能なイヤーパッドなど、ティフォージのあらゆるテクノロジーが搭載されている。

■クリット
フレームカラー:マットガンメタル
レンズカラー:スモークポラライズドフォトテック
サイズ:M-L
重量:31g
税抜価格:12,900円

■タイラント2.0
フレームカラー:カーボン
レンズカラー:スモークポラライズドフォトテック
サイズ:S-M
重量:24g
税抜価格:12,900円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アイウェア ティフォージ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載