スマートフォン版はこちら

リブも女子チームと契約継続ジャイアントが「チーム サンウェブ」とテクニカルパートナー契約を拡⼤

  • 一覧

 バイクブランド「GIANT」(ジャイアント)が、UCIワールドチーム「チーム サンウェブ」とのテクニカルパートナー契約を拡大し、2018年は新たにホイールをチームに提供する。またワールドチームのほか、サンウェブの「コンチネンタルディベロップメントチーム」、ジャイアントが展開する女性サイクリスト向けブランド「Liv」(リブ)ブランドがサポートしている「チーム サンウェブ ウィメン」にもバイクとギアを機材サポートする。

ジャイアントとテクニカルパートナー契約を結ぶチーム サンウェブ ©GIANT

革新的技術を採用したホイールを使用

ジロ・デ・イタリア2017で総合優勝を飾り、2018シーズンもチームの中心となるトム・デュムラン ©GIANT

 チーム サンウェブは2017年、ジロ・デ・イタリアでチーム初のグランツール総合優勝を達成し、UCIロード世界選手権ではチームタイムトライアルで男女2つの金メダル、ツール・ド・フランスのポイント賞と山岳賞など、チーム史上で最も成功したシーズンとなった。

 ジャイアントは4年前にチームと提携して以来、テクニカルパートナーとしての役割を発展させ、ジャイアントの開発者と技術者は、チームのトップライダーたちと協力して新製品の開発やテストを行っている。クライマー、スプリンター、オールラウンド、タイムトライアル用のフルラインナップのバイク供給を従前通り継続することに加え、2018年は新たにホイールの使用を開始する。

 サンウェブの全3チームは、ジャイアントの革新的なダイナミックバランスドレーシング(DBL)技術を採用したホイールを、チューブラー、チューブレス、様々なリムハイトのオプションからコースや天候に応じて選択。これらのホイールシステムは、2017年シーズンにコンチネンタルディベロップメントチームとウィメンチームのレースで採用され、女子ツアーのツール・デ・フランドルやシクロクロス世界選手権U23クラスを含む多くの勝利に貢献している。

ワールドツアーチームにはチューブラーホイールを供給 ©GIANT

 チーム サンウェブとジャイアントのシーズンは、1月16日に開幕するツアー・ダウンアンダー(オーストラリア)からスタートする。チームはバイク、ホイールに加えて、ジャイアントのヘルメット、サドル、ステム、ハンドルバー、ボトルケージ、ボトルを使用。また数人のライダーが、モーション・エッフィシェンシー・システム(MES)を搭載したプロトタイプのシューズを使用する。

2018年のチーム サンウェブ使用機材

 チーム サンウェブのライダーはレースとコースにあわせて、ジャイアントの「TCR ADVANCED SL」「PROPEL(プロペル)ADVANCED SL DISC」「DEFY(ディファイ)ADVANCED SL」「TRINITY(トリニティ)ADVANCED PRO TT」を使い分ける。

チームに供給される「TCR Advanced SL」 ©GIANT
タイムトライアルバイク「Trinity Advanced Pro TT」 ©GIANT

 ワールドツアーチームが様々なリムハイトのチューブラーホイールを使用。ディベロップメントチームは、主にチューブレスシステムと「GAVIA」(ガヴィア)チューブレスレディタイヤを組み合わせて使用する。

軽量ヘルメット「Rev」 ©GIANT

 ヘルメットは空力性能とベンチレーション性能を兼ね備える「PURSUIT」(パーシュート)を基軸に、コースによっては軽量な「REV」(レブ)、スプリンターは「RIVET」(リベット)から選択。また、タイムトライアルではリベットTTを使用する。

 サドルはジャイアント独自の「ダイナミックサイクリングフィット」と「パーティクルフローテクノロジー」により、ペダリング効率を高め、圧力を分散する「CONTACT(コンタクト)SLR」かコンタクトSLが採用される。

 コックピットは超軽量カーボン素材による高剛性なCONTACT SLR および軽量アルミ素材のSLのハンドルバー&OD2ステムに加え、「STRATUS」バーテープを使用する。

 またチームは、MESを搭載した新型フットウェアをテスト中。プロトタイプは、「SURGE」(サージ)同様の外観ながらパフォーマンスと快適性をさらに最適化している。レース、トレーニングともにエチュオンド製のジャイアント最新アパレルを着用し、製品開発にも関わっていく。

「Contact SLR」のステム&ハンドルバー ©GIANT
プロトタイプの新型ふっとウェア ©GIANT

女子のチームバイクはランマ、エンヴィ

 リブも、ツール・デ・フランドルの優勝、UCI世界選⼿権チームタイムトライアル⾦メダルなどの成功を納めた「チーム サンウェブ ウィメン」のサポート契約を継続する。

「Liv LANGMA ADVANCED SL」を手にする「チーム サンウェブウィメン」のフロールチェ・マッケイ選手 ©Liv
背面にロゴが描かれたチームジャージ ©Liv

 リブは2017年の「ジロ・ローザ」のタイミングで新型軽量バイクの「LANGMA(ランマ) ADVANCED SL」を発表。チームバイクとして投入後、すぐにエーススプリンターのコリン・リヴェラ(アメリカ)とともに2度の表彰台を獲得したほか、チームの中⼼であるルシンダ・ブランド(オランダ)とジロ・ローザのクイーンステージで勝利を収めた。2018年シーズンもこのランマと、UCI世界選⼿権優勝バイクであるエアロロード「Liv ENVIE(エンヴィ) ADVANCED PRO」をチームバイクとして使⽤する。

©Liv

 また、サドルやハンドルバー、DBL技術を採⽤したホイールシステムといった各種機材テストにも協⼒し、製品開発を⾏う。ヘルメット、MESを搭載したシューズ、アパレルなどリブのギアも引き続き使⽤する。

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント リブ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載