サイクリスト

千葉県の森田健作知事ら出発式自転車を積んだ電車「B.B.BASE」出発進行! JR総武線両国駅~館山など4路線 

  • 一覧

 サイクリング愛好家らが自転車をそのまま乗せて目的地まで移動できるJR東日本初の専用新電車「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース=B.B.BASE)」の運行が1月6日始まった。一番電車の始発駅となった総武線両国駅(東京都墨田区)では、同日午前7時から出発式やイベントが行われ、サイクリングタレントとしても活躍する安田大サーカスの団長安田さんらが駆けつけて出発を祝った。

B.B.BASE運行を祝う森田健作千葉県知事(右から4人目)らイベント参加者=&日午前、JR両国駅

 出発式前に行われたトークショーで、トライアスロンの合宿で房総半島南端の館山によく訪れるという団長安田さんは「泳いで自転車に乗って走ると、ホンマ眠い。車だと(帰路はアクアライン経由で)渋滞だしツラいけど、この電車だと爆睡できる」と話し、場を盛り上げた。

 続いて行われた出発式に参列した千葉県の森田健作知事は「わが千葉県の房総地域は温暖で風光明媚、平坦な場所が多く、海の幸山の幸もある。千葉県のさわやかな風を体感してほしい」などとあいさつした。

 B.B.BASEは首都圏などのサイクリング客の誘客で、観光名所などの地域活性化につなげる狙いがある。週末に両国駅から館山駅(館山市)や勝浦駅(勝浦市)、佐原駅(香取市)、銚子駅(銚子市)の4路線で往復運行。同社が企画する旅行商品を購入して利用できる。

B.B.BASE一番電車と出発の合図をするJR東日本千葉支社の西山和弘・両国駅長=6日午前、JR両国駅
B.B.BASE車内に自転車を立てかける利用者=6日午前、JR両国駅

 座席の背面に自転車をそのまま立てかけて固定できる専用ラックや、スマートフォンなどの充電用のコンセントを完備。サイクリング客はこれまで、乗車の際に自転車を分解するなどして袋に収納する必要があり、降りた後も組み立てなどが必要で手間がかかっていた。

 自転車用ウェアにヘルメットという格好で一番電車に乗り込んだ柏市の会社員、宇佐美友さん(34)は「今までは自転車を解体して電車に乗っていた。こういう電車はテンション上がります」と喜んでいた。

 サイクリング客を呼び込もうと、千葉県なども休憩所やサイクリングコースの整備にも力を入れており、県内をツーリングする愛好家の増加が期待される。

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

サイクルトレイン 千葉県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

             

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載