「BRIDGESTONE」バイクを使用新生「チーム ブリヂストンサイクリング」が発足 東京五輪自転車競技開催地の静岡県を拠点に

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが12月21日、2018年から発足する「チーム ブリヂストンサイクリング」の体制発表会を東京都港区で開催した。今季まで「ブリヂストンアンカー サイクリングチーム」の名前で、ロードレースをメインに活動していたチーム名を改称。トライアスロン、トラック、パラリンピック種目が合流し、包括的に2020年の東京五輪でメダル獲得を狙う体制の発表となった。

新体制を発表した「チーム ブリヂストンサイクリング」 Photo: Shusaku MATSUO

五輪に向けトラック班を強化

トラック/ロードレースの(左から)堀孝明、大久保陣、石橋学 Photo: Shusaku MATSUO

 チームにはロードレースをメインで走る石橋学、大久保陣、堀考明、トラック競技を専門とする一丸尚伍、近谷涼が残留。新たに窪木一茂、今村駿介、沢田桂太郎、原田裕成といったトラック競技が得意な4人が加わった。オフロードの平野星矢、沢田時も変わらずの所属となる。チーム総監督には、トラック中長距離で3度のオリンピック出場経験をもつ飯島誠氏が就任。また六峰亘氏が新たにロードコーチを務める。

 選手が使用するロード、マウンテンバイク(MTB)、トラックの各バイクは既存のスポーツバイクブランド「ANCHOR」(アンカー)ではなく「BRIDGESTONE」(ブリヂストン)ロゴを採用。これはオリンピックのワールドワイドパートナーを務めるブリヂストングループとしての、一体的な取り組みによるもので、関口匡一社長は「オリンピック、パラリンピックともに自転車競技そのものの幅を広げ、活動を拡大する一環」と理由を説明した。

チーム ブリヂストンサイクリングの飯島誠監督 Photo: Kenta SAWANO
チームが拠点を置く三島市の富岡武士市長が挨拶 Photo: Shusaku MATSUO

 また、今季まで活動の拠点を本社がある埼玉県上尾市に置いていたが、静岡県三島市へと移設することを発表。「東京五輪において、自転車競技が開催する伊豆ベロドロームに近い三島市で自転車の文化を根付かせ、レガシーを創出したい」と関口社長が述べ、同席した豊岡武士三島市長も「魅力を自転車で伝えたい」とアピールした。

チームブリヂストンサイクリングの2018年チームジャージ Photo: Shusaku MATSUO

 NIPPO・ヴィーニファンティーニから移籍した窪木は「基本的には2年後の五輪に向け、トラック競技が主体になる」と明かし、オムニアム、マディソン、4km、チームパーシュートの中距離に注力すると表明。「まだはっきりとは決まっていないが、ロードレースにも出場する機会もあるだろう」と続けた。

 チームは12月9日に発表された全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主催するJプロツアーの登録チームに名を連ねており、大久保は「我々ロード班は2月の開幕戦から走り始める予定。海外でのレーススケジュールは未定だが、例年より国内でチームが走る回数が増えるはず」と明かした。

各競技で使用される自転車には「BRIDGESTONE」のロゴが入る Photo: Kenta SAWANO
ヘッドチューブにはブリヂストンとオリンピックのロゴ Photo: Kenta SAWANO

 飯島監督は「ナショナルチームでの活動にはなりますが、トラックで狙うのはアジア選手権、世界選手権、ワールドカップです。五輪を目指すのは社をあげての目標です」と強調し、三島市の基盤から世界を目指すと力を込めた。また選手たちは地域で自転車の普及活動も積極的に行う予定。「競技者として結果は求められるが、自転車の普及活動を通して選手自身の価値も高め、地域の活性化、地域に自転車が根付いていく活動につなげたい」と話した。ブリヂストンは2024年までオリンピックのワールドワイドパートナーの契約があるため、チームは6カ年計画で動いているという。

チーム、サポート体制

【TEAM BRIDGESTONE Cycling】
■自転車競技・トラック/ロードレース
一丸尚伍、近谷涼、窪木一茂、橋本英也、今村駿介、沢田桂太郎、原田裕成、太田りゆ、石橋学、堀孝明、大久保陣
■自転車競技・MTBクロスカントリー
沢田時、平野星矢
■パラ自転車競技
川本翔大、野口佳子
■監督・コーチ
飯島誠(総監督、トラック)、六峰亘(ロードレースコーチ)、小林輝紀(MTBクロスカントリーコーチ)、権丈泰巳(パラ自転車競技監督)

【機材サポート選手】
■トライアスロン
上田藍、ゴードンベンソン
■パラトライアスロン
秦由加子、谷真海
■パラ自転車競技
相園健太郎、藤井美穂、福井万葉、倉林巧和
■自転車競技・トラック
小林優香、小泉夢菜(若手育成)、中川涼(若手育成)、エカーズ(若手育成チーム)、チーム ユーラシア(若手育成チーム)

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストン ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載