「自転車の安全利用促進委員会」が講演自転車事故の多い12月「自分が加害者になることも」 船橋法典高校で交通安全教室

  • 一覧

 自転車のルール・マナーなどの正しい利用方法と、メンテナンスの重要性を啓発する「自転車の安全利用促進委員会」と「自転車協会」が12月20日、全校生徒696人中、約7割の生徒が自転車通学をしている千葉県立船橋法典高等学校で、交通安全教室を開催した。自転車の安全利用促進委員会メンバーである遠藤まさ子さんが、加害者・被害者にもならないためのポイントや整備の重要性、安全な自転車の選び方について講演した。

千葉県立船橋法典高校で実施された交通安全教室 ©自転車の安全利用促進委員会

 12月は日の入りが早く、交通量も増えることから、最も多く交通事故が発生する次期。冬休みを前に学生の自転車事故が相次いで発生しているという。他の時期よりも注意して自転車を運転することが必要となる。

 遠藤さんは「自転車は子供の頃から運転できるため、生活用品と思われがちですが、乗り物です。中高生は他の世代に比べ、加害者になることも多いため、自分が加害者にもなり得ることを理解して自転車通学をしてほしいです」と訴え、自転車の安全利用五則や意外と知らないルールをクイズ形式で出題た。また、今から実践できる事故を防ぐための方法として、メンテナンスや、自転車を選ぶ際には約90項目のテストに合格した安全な自転車の目印であるBAAマークを確認することについても指導した。

生徒らが自転車シミュレーターの模擬走行を体験 ©自転車の安全利用促進委員会

 講演後、自転車シミュレーターによる模擬走行も行われ、同校の教員1人と生徒2人が体験した。シミュレーター映像を見守る生徒からは、「危ない!」「難しそう」などの声があがった。遠藤さんは、「交差点は出会い頭で事故に遭いやすいが、一時停止せずに走行している自転車が多いので、しっかり停止して、周囲に注意して運転することを心掛けてほしい」と語り、注意を呼びかけた。

 交通安全教室を受けた生徒は「今日の講演を聞いて、普段自転車に乗るときに後ろまで注意できていなかったんだ、ということに気付くことができた。これからは、左右だけでなく、後ろの安全も確認しなければいけないと思った」「自転車シミュレーターの模擬走行を見て、急に横から人が出てきたり、危ない場面が多かったと感じた。実際の通学路でも同じようなことがあるかもしれないので、気をつけたい」などと感想を語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載