新製品情報2017トレイルをもっと楽しく キャニオンがMTB「スペクトラル」シリーズをフルモデルチェンジ

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「CANYON」(キャニオン)が、トレイル向けマウンテンバイク(MTB)の「Spectral」(スペクトラル)シリーズをフルモデルチェンジした。ジオメトリーからサスペンション、ホイールにタイヤサイズまでバイク全体のバランスを高めることで、いつものトレイルがもっと楽しくなるMTBが完成した。

Canyon「Spectral-CF-9-LTD」 ©Canyon Bicycles

 スペクトラルは、MTBが好きで好きでたまらない人たちがMTB乗りのためにデザインしたバイクだ。Canyon Factory Enduro Teamのジョー・バーンズとDudes of Hazzardチームが設計監修。乗り手の意思に応えるハンドリング、トラクションをを突き詰めた。コーナーを思い通りにクリアして、飛ぶように走れる頑丈でシンプルなバイクに仕上がっている。

トレイルをもっと楽しくする、キャニオンのスペクトラルシリーズ ©Canyon Bicycles

 リアサスペンションはダウンヒルバイク「Sender」(センダー)と同様のコンセプトを採り入れた。リアショックの性能を最大限引き出しつつ、150mmトラベルドロッパーポストの使用を可能にしている。最先端のトレンドを取り入れたフロント150mmストローク、リア140mmストロークのジオメトリーにより、ライダーはハードな下りからシビアな上りまでこなすことができる。

 全モデルで27.5インチホイールを装備し、ほとんどのモデルに2.6インチのセミファットタイヤを採用。トラクションと、クイックで正確なハンドリング、軽さをベストバランスで兼ね備えている。

 ダウンチューブにはシフトケーブルとブレーキホースをカバーする、インテグレーテッドケーブルチャンネルを採用。カバーがフレームプロテクターを兼ねることで、美観と整備性を両立させた。また、ロードバイクシリーズにも採用されている内装シートクランプにより、パーツ点数を減らし、同時に太ももへの引っ掛かりもなくなっている。

 ベアリングコンセプトは防水性、防塵性を高めたベアリングとピボットの設計により、耐久性を高めている。ヘッドパーツに採用されているインパクトプロテクションユニットは、万一の落車時や輸送時に、ハンドルやレバーがトップチューブに衝突するのを防ぐ。フレーム素材は多様なマウンテンバイカーのために、フルカーボン、フロントカーボン・アルミバック、アルミの3タイプの仕様をラインナップした。

Spectral-CF-9-Pro ©Canyon Bicycles
Spectral-AL-7 ©Canyon Bicycles

 オリジナルアクセサリーとして、リアショック下側のタイトなスペースでもボトルが取り出しやすい「サイドローダーボトルケージ」(Mサイズ以上使用可)、専用の400mlボトル2本を搭載可能な「イジェクトシステム」(全サイズ使用可)、トップチューブ下側にCO2カートリッジや携帯工具を収納可能な「フレームケース」(全サイズ使用可)を発売予定。

■「スペクトラル」シリーズ
【フルカーボン】
Spectral CF 9.0 LTD 779,000円
Spectral CF 9.0 SL 559,000円
Spectral CF フレームセット 279,000円
【フロントカーボン・アルミバック】
Spectral CF 9.0 PRO 449,000円
Spectral CF 9.0 389,000円
Spectral CF 8.0 339,000円
【アルミ】
Spectral AL 7.0 299,000円
Spectral AL 6.0 279,000円
Spectral AL 5.0 249,000円
(税・送料別価格)

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 2018年モデル 30~50万円 50万円~ アルミ カーボン キャニオン フレームセット マウンテンバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載