スマートフォン版はこちら

入院一時金3万円ホダカが「コーダーブルーム」全モデル購入者に自転車保険プレゼントキャンペーン

  • 一覧
©KhodaaBloom

 日本のスポーツバイクブランド「KhodaaBloom」(コーダーブルーム)を展開するホダカは、「自転車保険プレゼントキャンペーン」と題し、同ブランドの全商品に自転車保険を付帯するキャンペーンを実施する。ロードバイクはもちろん、クロスバイクやジュニア用バイクを含めた全ラインナップの商品に付帯する。キャンペーン期間は、12月11日から2018年11月30日までの約1年間を予定している。

 同キャンペーンは期間中に新車を購入した全員に自転車保険1年の加入権をプレゼントするというもの。傷害事故の範囲は「自転車に乗っている間の事故」「自転車に乗っていない間に運転中の自転車と衝突、接触した事故」で保険金額は「入院一時金3万円」(3日以上入院した場合)となる。補償の期間はウェブで被保険者登録をした日の翌日午前0時より1年間。保険負担は一切なく、全額をコーダーブルームが負担する。なお、ホダカはこれまでもコーダーブルームのエントリーモデル購入者に同キャンペーンを行ってきたが、今回から一時金の額を従来の2万円から3万円に引き上げた。

 自転車活用推進法施行やスポーツ健康志向の高まりによって自転車を取り巻く環境が大きく変化する一方、事故に備える保険の必要性が高まっていることから、ホダカでは「今回のキャンペーンは、特にスポーツバイク利用者にヘルメットや夜間走行に必要なライトを備えるように促すのと同じく、日本の使用環境を熟知した日本のメーカーとして自転車保険の必要性を広く伝えたい」としている。

関連記事

この記事のタグ

コーダーブルーム ホダカ 自転車保険

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載