現・全日本TT王者が新たな挑戦西薗良太がチャンピオンシステムへ移籍 UCIプロ・コンチネンタルチームへステップアップ

  • 一覧
西薗良太西薗良太

 2012年にブリヂストンアンカーで活躍した現・全日本タイムトライアル(TT)選手権チャンピオンの西薗良太(25)が、来季はチャンピオンシステム・プロサイクリングチーム(香港)へ移籍する。チャンピオンシステムはUCI(国際自転車競技連合)のプロ・コンチネンタルチームとして、アジア、北米、欧州各国のレースに出場しており、西薗はより高いレベルへステップアップして世界の舞台を目指す。

 西薗は鹿児島県出身。東京大学自転車部時代にインカレの個人ロードと個人TTを制するなど、学連のトップ選手として活躍した。卒業後の2011年にシマノレーシングへ加入し、Jプロツアーとツール・ド・北海道でそれぞれ1勝をマーク。2012年にはブリヂストンアンカーへ移籍して全日本TTを制したほか、ツール・ド・北海道では個人総合2位(日本人最高位)を獲得した。またシーズン前半には中東や欧州のレースを転戦し、国際舞台での経験を積んでいた。

2012ツール・ド・北海道では総合2位の成績を収め、表彰台に立った西薗良太2012ツール・ド・北海道では総合2位で表彰台に立った西薗良太

 チャンピオンシステム・プロサイクリングチームは、サイクリングウェアの「チャンピオンシステム」をメーンスポンサーとして2011年に発足。2012年にはアジアで初めてUCIプロ・コンチネンタルへ昇格を果たした有力チームだ。今年5月のツアー・オブ・ジャパンにも出場し、初日の堺ステージ(個人TT)でウィル・クラークが優勝するなど活躍した。

 チームの発表によると、2013年シーズンには西薗のほかに4人のナショナルチャンピオン(韓国のジャン・チャン・ジェ、中国のシュー・ガン、カナダのライアン・ロス、アイルランドのマシュー・ブラメイヤー)の移籍が決定している。

チャンピオンシステムのナショナルチャンピオン用ジャージ。左から日本、中国、韓国、カナダ、アイルランド(右は通常のチームジャージ)チャンピオンシステムのナショナルチャンピオン用ジャージ。左から日本、中国、韓国、カナダ、アイルランド(右は通常のチームジャージ)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載