スマートフォン版はこちら

「シャイン・オン・キッズ」の活動を応援コンタドール、フルーム、別府がサイン入りジャージをチャリティーオークションに出品

  • 一覧

 ツール・ド・フランスの覇者クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)、今季で引退を表明したアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)、日本を代表するプロロードレーサー別府史之(トレック・セガフレード)による直筆のサイン入りジャージが、「ヤフオク!」のチャリティーオークションに出品されている。収益は全額、小児がんや重い病気と闘う子供たちを支えるNPO法人「シャイン・オン・キッズ」の活動費に充てられる。オークションは12月10日午後10時まで。

アルベルト・コンタドールと別府史之がサイン入りジャージを「シャイン・オン!キッズ」のチャリティーオークションに出展 Photo: Shojiro NAKABAYASHI
クリストファー・フルームもサイン入りジャージを出展 Photo: Shojiro NAKABAYASHI

 今回のオークション出品は、シャイン・オン・キッズを応援している別府の呼びかけに両選手が協力し、シャイン・オン・キッズに記念アイテムを提供して実現した。

 シャイン・オン・キッズは、カラフルなビーズを使って、病気と闘う子どもたちの心のケアを行う「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」などに取り組んでいる。別府は2012年からチーム・ビーズ・オブ・カレッジのアンバサダーを務め、出場する毎レースでチーム・ビーズを身につけて、子どもたちに勇気を贈り続けてきた。

 フルームの出品アイテムは、前回に引き続きツールを象徴する栄光の黄色いリーダージャージ「マイヨジョーヌ」(新品)。ジャージ中央部分に直筆サインが書き入れられている。

 コンタドールと別府も直筆サイン入りのチームジャージ(新品)を提供した。とくに「ジャパンカップサイクルロードレース」に出場し、多くのファンを沸かせたコンタドールは今季限りの引退を表明していることもあり、ファン垂涎の“お宝アイテム”となりそうだ。

ジャージにサインするアルベルト・コンタドール Photo: Shojiro NAKABAYASHI
病気と闘う子どもたちの心のケアを行う「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」 ©シャイン・オン・キッズ

関連記事

この記事のタグ

チャリティー/サポート 別府史之

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載