スマートフォン版はこちら

4種目すべて1位の完全優勝梶原悠未がトラックW杯第3戦オムニアムで金メダル 同種目日本人初の快挙

  • 一覧

 カナダ・ミルトンで行われたUCIトラック・ワールドカップ第3戦で12月2日、日本代表チームで出場した梶原悠未(筑波大学)が女子オムニアム(複合)で金メダルを獲得した。同種目でのワールドカップ金メダルは男女を通じて初めての快挙。梶原は4種目全てで1位を獲得し、文句なしの完全優勝をとげた。

梶原悠未が日本人初のオムニアム種目ワールドカップ金メダルを獲得 Photo: T.Wako

 梶原は今季ワールドカップは、第2戦のイギリス・マンチェスター大会に続く2度目の参戦。初戦ではオムニアム総合6位とメダルには届かなかった。しかし今大会、第1種目のスクラッチを1位で終えると、続くテンポレースでは2位の倍以上となる11ポイントを獲得して1位、さらに第3種目のエリミネーションレースでも1位となり、最終種目のポイントレースに首位で臨んだ。

 梶原はポイントレースでも8回のポイント中2回を1位通過、さらに出場選手中唯一となるラップポイントも記録し、大量34ポイントでこの種目も1位となった。自身初、さらに日本人初となるオムニアム種目ワールドカップ金メダルとなった。

オムニアムは4種目を1日で行う複合競技 Photo: T.Wako
最終種目のポイントレースも1位となり、ウイニングランをする梶原悠未 Photo: T.Wako

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載