ワールドツアーを戦う18チームアルゴス・シマノが新規登録、カチューシャは降格 UCIが2013年プロチームを発表

  • 一覧
ホアキン・ロドリゲスが所属するカチューシャは、2013年UCIプロチーム登録ならずホアキン・ロドリゲスが所属するカチューシャは、2013年UCIプロチーム登録ならず

 UCI(国際自転車競技連合)は12月10日、2013年シーズンのUCIプロチームを発表した。新たにアルゴス・シマノ(オランダ)がプロチームへ昇格する一方、2012年にUCIチームランキング2位だったカチューシャ(ロシア)は降格することになった。

 カチューシャには、2012年ワールドツアーで個人ランキング首位のホアキン・ロドリゲス(スペイン)が所属していることもあり、思いがけない降格が波紋を呼んでいる。降格の理由は現時点で明らかにされていない。

 ドーピングで出場停止処分を受けたアルベルト・コンタドール(スペイン)のポイントが加算されず、プロチームに残留できるかどうか注目されていたサクソ・ティンコフ(デンマーク)は、引き続きプロチームとして登録される。サクソ・ティンコフとの契約を来季も継続する宮澤崇史の走りに期待がかかる。

 ほかに日本人選手が所属するチームでは、別府史之のオリカ・グリーンエッジ(オーストラリア)、増田成幸のキャノンデール(イタリア)もプロチーム登録された。新城幸也が所属するチーム ヨーロッパカー(フランス)は、来季もプロ・コンチネンタルチームとして活動する方針。

 UCIプロチームは、ツール・ド・フランスなど主要国際レースのシリーズ戦「UCIワールドツアー」に出場する権利と義務を有するロードレースチーム。今回は、既に発表されていた9チームに加えて、新たに9チームがリストアップされた。全18登録チームは、次のとおり。

UCIプロチーム
■2012年より継続(11月発表)
アスタナ プロチーム(カザフスタン)
BMCレーシングチーム(アメリカ)
キャノンデール(イタリア)
ランプレ-メリダ(イタリア)
オメガファルマ・クイックステップ サイクリングチーム (ベルギー)
オリカ・グリーンエッジ(オーストラリア)
スカイ プロサイクリング(イギリス)
ヴァカンソレイユ・DCM プロサイクリングチーム(オランダ)
モビスター チーム(スペイン)
 
■11、12月のミーティングにより決定
アージェードゥーゼル ラモンディアル(フランス) 2013-2016
エウスカルテル・エウスカディ(スペイン) 2013-2016
旧ラボバンク(オランダ) 2013-2014
ガーミン・シャープ(アメリカ) 2013-2014
チーム アルゴス・シマノ(オランダ) 2013-2016
チーム サクソ・ティンコフ(デンマーク) 2013-2014
 
■2013年シーズン限定
エフデジ(フランス)
ロット・ベリソル(ベルギー)
レイディオシャックニッサン(ルクセンブルク)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載