抽選で1人に紀美野町内のペア宿泊券和歌山・海南、紀美野でサイクルフォトラリー 「撮影楽しんで」インスタなどで投稿募集

  • 一覧

 「サイクリング王国わかやま」キャンペーンなどサイクリングを通して地域の魅力を発信する取り組みが進むなか、和歌山県の海南市や紀美野町では、自転車で訪れた景勝地の写真をメールや写真共有アプリ「インスタグラム」で募る「かいなん・きみのサイクルフォトラリー」を開催。サイクリストを募集している。

 両市町内の各地を自転車で巡って写真を撮ることで街の魅力を発見してもらおうと、平成26年から開催。毎年約100人が参加しているという。両市町の景勝地、飲食店のほか、自転車の空気入れや修理工具を備えた30カ所ある「サイクルステーション」など、82カ所を自転車で巡り、写真撮影を楽しむ。日本遺産「絶景の宝庫和歌の浦」の一つにもなった「黒江の町並み」や「海南市わんぱく公園」(同市大野中)などがスポットに指定されている。

 スポットを巡り、撮影した写真を同ラリー事務局宛のメールやインスタグラムで投稿。インスタグラムでは、スポット名を記載し、ハッシュタグでスポット番号と「#かいなんきみのサイクルフォトラリー」をつけて送る。

 スポットと投稿者の自転車を1枚の写真におさめることが条件。30カ所以上の写真を投稿した人から抽選で1人に紀美野町内のペア宿泊券、10人に5000円相当の地元産品をプレゼント。5カ所以上の写真を投稿した人に抽選で2000円相当、3000円相当の地元産品がそれぞれ10人に贈られる。県海草振興局企画産業課の担当者は「安全に気をつけ、いろいろなスポットを満喫し、見つけ出してもらえれば」としている。

 参加は事前登録制。氏名、郵便番号、住所、電話番号、メール投稿用ニックネームまたはインスタグラムアカウントを記入し、同ラリーの事務局アドレス(k2land@mx22.tiki.ne.jp)までメール送信し、登録する。登録後、海南、紀美野それぞれのスポット一覧やサイクリングマップが送られる。登録は来年1月26日まで、写真の投稿は同31日まで。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載