スマートフォン版はこちら

最高峰ライン「エスファイア」も登場充実したシマノのウインターウェアラインナップ サイクリングに特化した機能を追求

  • 一覧

 自転車用コンポーネントだけでなく、サイクリングウェアを豊富にラインナップするシマノから、今冬新たになったウインターウェアを紹介する。ハイエンドモデルの「エスファイア」ラインから冬用ウェアが登場。パフォーマンスラインでは衣服内の温度を保つ「メタリックサーマルテック」や、背面から排熱を促す「ヒートコントロールテクノロジー」などのテクノロジーを採用し、より機能的でスタイリッシュになった。

シマノのハイエンドウェア「S-PHYRE」からウインターウェアが登場 ©SHIMANO

防寒機能と動きやすさを追求

防寒、撥水機能と動きやすさを兼ね備えた「S-PHYREウインドレジスタント ジャージ」 ©SHIMANO

 ハイパフォーマンスラインの「S-PHYRE」(エスファイア)からはジャケット、ビブタイツ、ベースレイヤーに加え、ソックス、シューズカバー、トゥカバー、グローブの一式が登場した。身体とのフィット感と温度調節機能を両立し、寒さや雨風を防いで快適なトレーニング環境を提供する。

 「エスファイア ウインドレジスタント ジャージ」はアナトミック3Dデザインを採用し、心地よい着用感を実現。リフレクターや収納力が高いポケットなど実用性を考量した造りとなっている。「エスファイア ウィンターベースレイヤー」は大胆に背中へメッシュを配し、排熱を促すデザインを採用。シームレス構造で、サイクリストの動きやすさも追及した。

ライダーの最適な体温を保つ「S-PHYREウィンターベースレイヤー」 ©SHIMANO
シームレスに作られたニット技術でライダーの体にフィット ©SHIMANO
ネオプレーン素材と保温断熱素材、裏起毛素材を組み合わせた「S-PHYREビブロングタイツ」 ©SHIMANO

 「エスファイア ビブロングタイツ」には適材をパネルの適所に使用。外面には、防風・撥水機能を備えたネオプレン素材、中央には保温断熱素材、裏側には起毛フリースが使われている。生地が腹部上部まであり、風を防ぎつつ、ダブルジッパー構造で脱着のしやすさを求めた。

■エスファイア ウインドレジスタント ジャージ
税抜価格:30,000円
サイズ:S、M、L、XL

■エスファイア ウィンターベースレイヤー
税抜価格:8800円
サイズ:S、M、L

■エスファイア ビブロングタイツ
税抜価格:35,000円
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック/ネオンイエロー

ウィメンズラインもラインナップ

 次にパフォーマンスラインを紹介する。ミドルグレードとなる「ウインドブレークジャージ」は本格的な冬の寒さを前にまずは手に入れたい冬物ジャージ。防水性、撥水性、伸縮性を備えた裏起毛素材を採用し、着心地の良さを実現している。

裏起毛で伸縮性のある生地を採用した「ウインドブレーク ジャージ」 ©SHIMANO
カラフルなバリエーションが揃う ©SHIMANO

 次世代のメタリックサーマルテックによって保温性が向上しながら、ヒートベンチレーションシステムで余分な熱をこもらせないという。シンプルでスッキリとした外観で、カラーはブラック、ネオンイエロー、レッド、ホワイトの4種類。バックポケットは3つあり、視認性を向上させるリフレクターが付きとなっている。

■ウインドブレークジャージ
税抜価格:13,000円
カラー:ブラック、ネオンイエロー、レッド、ホワイト
サイズ:XS、S、M、L、XL

 また冬の定番商品「ウインドブレークジャケット」も新しくなって登場。生地は3層構造の防風素材になっており、内部は起毛加工が施されている。「ウイメンズウインドブレーク ジャケット」もラインナップされ、女性らしいパープルのカラーが加わっている。バックポケット3つ、胸ポケット1つ、防水ポケット付きだ。保温性と通気性を兼ね備えたハイエンドモデルの「ブレイカウェイ ウインドブレーク ジャケット」も新しくなってラインナップされている。

メタリックサーマルテックで保温しつつ、背面のヒートコントロールで余分な熱を逃がす機能を備えた「ウインドブレーク ジャケット」 ©SHIMANO
女性の体のラインにフィットする「ウイメンズ ウインドブレーク ジャケット」もラインナップ ©SHIMANO

■ウインドブレークジャケット
税抜価格:15,000円
カラー:ブラック、ネイビー、レッド(女性用:ブラック、ネイビー、パープル)
サイズ:S、M、L、XL(女性用:WXS、WS、WM、WL)

アーバンライドに最適な「トランジット フリースジャージ」 ©SHIMANO

 また、アーバンライドに最適なエクスプローラーシリーズの「トランジット フリースジャージ」も新たに登場。背面の下部には撥水素材を配し、後輪が巻き上げる水しぶきの影響を抑え、バックポケットも装備している。防風ジッパー、リフレクターの採用や、風を内部に通しづらい袖口のつくりで機能性を考慮しつつ、シンプルでカジュアルなデザインがタウンサイクリングに最適だ。

■トランジット フリースジャージ
税抜価格:8,500円
カラー:モレル、イジャンブルー、レーブン
サイズ:S、M、L

寒さ対策は小物が“キモ”

 ウインターウェアは小物にも注目したい。シマノではシューズカバーだけでなく、「ウインターソックス」もラインナップ。冷えやすい末端部のつま先部分に厚手のパイル生地を使用し、保温性を高めている。足の甲に厚みを持たせることで、靴に当たる部分を保護する。

雨や寒さから頭部を守る「ウインドブレーク スカルキャップ」(左)と「エクストリーム ウインターキャップ」 ©SHIMANO

 冷えやすい耳まですっぽりと覆うことができる「エクストリーム ウインターキャップ」は柔らかな裏起毛を使用した防風生地が寒冷環境に対応。4方向にストレッチする生地を採用し、頭の形にフィットさせる。雨で視界が遮られるのを防ぐ小さめのツバ付きのデザインとなっている。また、ツバがついていない「ウインドブレーク スカルキャップ」も展開している。

エクストリーム ウインターキャップ
税抜価格:3500円
カラー:ブルー、ブラック
サイズ:ワンサイズ

ウインドブレーク スカルキャップ
税抜価格:3000円
カラー:ブルー、レッド、ブラック
サイズ:ワンサイズ

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

シマノ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載