チームNIPPOより小森亮平が加入欧州を舞台に若手育成 チームユーラシアが2013年チーム概要を発表

  • 一覧
チームユーラシアは欧州を中心に活動する若手育成ロードチームだ(チームユーラシア提供)チームユーラシアは欧州を中心に活動する若手育成ロードチームだ(チームユーラシア提供)

 「世界の舞台で活躍できるプロロード選手の育成」を目標に、欧州を拠点に活動しているTEAM EURASIA(チームユーラシア)が、2013シーズンのチーム概要を発表した。4年目となるシーズンはメインスポンサーにIRC井上ゴム工業を迎え、またNIPPO、MUURほかのサポートを得ての活動となる。

 新たに加入する選手としては、チームNIPPO(UCIコンチネンタルチーム)より小森亮平が移籍する。1988年生まれの小森は2008年に全日本ロードU23王者になり、翌2009年にはU23日本代表として世界選手権に出場したが、その後は目立った結果を残せずにいた。

小森亮平がチームNIPPOから移籍小森亮平がチームNIPPOから移籍

 橋川健監督は「小森には後輩への的確なアドバイスはもちろんですが、アマチュアレースを走りながら勝つ事の執念をもう一度思い出し、再びプロチームへ返り咲く為のステップとなるような成績を期待しています」と語り、小森にチームのリーダーかつエースとしての活躍を望むことを明らかにした。

 一方、これまで中心を担ってきた1980年代後半生まれの竹之内悠、大場政登志、藤岡徹也は揃って国内外のUCIコンチネンタルチームに移籍する。新規加入の小森以外は全員が90年代生まれとなった。

 チームは2月下旬に渡欧し、5月末までの3ヶ月で25レース前後に参戦。6月は国内で活動し、7月から9月末まで再度海外のレースを中心に参戦する予定だ。

チーム名:TEAM EURASIA – IRC tire (チームユーラシア アイアールシータイヤ)
代表:大門 宏 (チームNIPPO チームマネージャー)
監督・チーム運営管理責任者:橋川 健
アドバイザー:三浦 恭資(KMオフィス代表)
所属選手:(12月8日現在)
 山崎 航 1993年2月23日生 (チームユーラシア 4年目)
 小石 祐馬 1993年9月15日生 (チームユーラシア 2年目)
 谷内田 涼 1994年3月15日生(チームユーラシア 2年目)
 小森 亮平 1988年9月26日生 (チームNIPPOより移籍)
 菱沼 由季典 1992年3月5日生 (オーベスト ディープラスデザインより移籍)
 中根 英登 1990年5月2日 ※
(他に1~2名を採用する予定)

※UCI登録上はチームNIPPOに所属するが、チームNIPPOでは全日本実業団自転車競技連盟へ登録を行わないため、同団体主催のレース参戦時はチームユーラシアに所属

2012年所属選手の動向:
 竹之内 悠 ベルギー籍 UCIコンチネンタルチーム コルバに移籍
 大場 政登志 UCIコンチネンタルチーム キャノンデールスペースゼロポイントへ移籍
 藤岡 徹也 UCIコンチネンタルチーム マトリックス パワータグへ移籍
(チーム名は2012年の名称)

支援企業:
 IRC井上ゴム工業株式会社 (チューブレスタイヤ)
 (株)NIPPO 
 MUUR (三浦恭資プロデュース 競技用フレーム)
 OGKカブト (ヘルメット グローブ ボトルゲージ)
 DECCA (ベルギー製 スポーツウェア)
 3action (ベルギー製 スポーツ食品)
 (株)キナン (建築機器リース)
 One by ESU (サドル)
 Dixna (ハンドル、ステム、シートピラー等)
 Katsuri’s (国内レースサポート、ウェア等デザイン)

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載