スマートフォン版はこちら

Cyclist編集部がインプレッションジャイアント「プロペル アドバンスド SL 0 ディスク」1段上のスピードレンジへ

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 より高速化するレーススピードに対応するため、各社はエアロロードバイクの開発にしのぎを削っている。台湾の雄ジャイアントは、エアロロードバイク「プロペル」にディスクブレーキを採用した最高峰モデルを新投入した。エアロ効果を活かし、さらなるスピードを追及した新モデル「プロペル アドバンスド SL 0 ディスク」のインプレッションをお届けする。

ジャイアントのエアロロードバイク「プロペル アドバンスド SL 0 ディスク」 Photo: Yosuke SUGA

“扱いやすいエアロロード”を継承

ワイヤー類を内包する極太のステムとハンドルバー Photo: Yosuke SUGA

 同社のオールラウンドモデル「TCR」シリーズは手頃なアルミモデルからツール・ド・フランスを走る上級モデルまで幅広くラインナップ。クセがなく、誰もが扱いやすいと感じる“ロードバイクのスタンダード”として、長年、ジャイアントの中核を担ってきた。

 一方の「プロペル」は2013年夏に登場。扁平形状のダウンチューブ、フロントフォークとシートステーに沿う独自形状でエアロ効果を高めた専用Vブレーキなどを採用した意欲作だった。見た目のコンペティティブな印象とは裏腹に、TCRと同じジオメトリーで扱いやすい性格も持ち合わせていた。

 今回、ディスクブレーキモデルとして完全新設計されたプロペルディスクは、フレームチューブ各部にカムテール構造を採用。ディスクブレーキ化も、単なる制動性能ではなくエアロ効果の向上も狙っている。全体的なフォルムこそ現行のVブレーキモデルと似ているが、各部のボリュームがアップしている。専用のハンドルバーとステムも極太で、空力と剛性を狙ったものだと見てすぐわかる。

フレーム各所にカムテール構造を採用 Photo: Yosuke SUGA
ホイールの「SLR0 AERO DISC Carbon」はフレームとの相性もいい Photo: Yosuke SUGA

 インプレッションは、平坦コースを中心に約100kmにわたって実施した。バイクに跨ると、Vブレーキモデルに比してやはりマッシブな見た目だ。その印象はステムとハンドルによるものだろう。果たしてバーを握ると確かに太く、しっかりと力をかけられる。エアロ性能だけを追求したのではなく、ライダーが得るフィーリングも尊重されているようだ。

 ハンドル周りにワイヤー類は見当たらない。コンポーネントはシマノDi2なので変速系はE-TUBEだが、ブレーキアウターもハンドルとステム内部を通り、フレームを経由してブレーキキャリパーへと繋がる。スッキリした外観はまるでトラックレースを走るピストバイクのようだ。

100kmを本気踏み

 肝心の運動性能だが、プロペルシリーズの利点である優れたバランスはそのままに、1段レンジを上げた速度に対応する剛性と安定感を手にした印象だ。ディスクブレーキ専用のエアロ形状フロントフォークは、高速走行中のスタビリティが高く、些細な路面ギャップにライダーが気を使わなくとも突き進む直進性に寄与している。

優れたバランスで、高い剛性ながらストレスのない推進力が魅力 Photo: Yosuke SUGA
油圧ブレーキを採用し、速度コントロールに磨きがかかった Photo: Yosuke SUGA

 一部の仕様変更だけでディスクブレーキ化されたようなバイクだと、フロントフォークを中心に過剛性になりバランスを崩しがちだが、プロペルディスクはBBからヘッドまで全体の剛性も最適化されているようで、整ったフィーリングだった。加速時のダンシングもバイク全体が一体となって軽快に前へと進む。チューブレスレディ仕様の「SLR 0 AERO DISC Carbon」ホイールとバイクとの相性も良かった。

 巡行性能はこのバイクの真骨頂。思わずドロップハンドルの下を持ち、上体を低くして速度を上げたくなった。50km/hでも空気抵抗が少なく、スムーズに走る。いやおうなしに「エアロロードバイクに乗っている」という意識が高まる。試乗中、前方を高速でローテーションする仲間に追いつくため、さらに高い負荷と速度で追い上げたが、プロペルディスクでなければ追いつかなかったかもしれない。瞬発力も高く、ストレスを感じなかった。

“その気にさせる”性格で、100kmの試乗中、常に踏み続けたくなった Photo: Yosuke SUGA

 試乗を通して「ディスクブレーキの恩恵は制動力だけでない」と再認識することができた。エアロ効果を高めたり、太めのタイヤを装着できることも走行性能に大いに貢献しているだろう。完成車で125万円(税抜)とかなり高額だが、世界最高峰のレースで磨かれた最新スペックを実感したいサイクリストはぜひ試してほしい。また、約半額でアルテグラDi2で組まれた「プロペル アドバンスド プロ ディスク」もラインナップ。同形状で比較的手が届きやすいこちらのモデルも注目だ。

最新スペックながら、ホリゾンタルなトップチューブにスレッド調のステムが伝統的なスタイリングを彷彿させた Photo: Yosuke SUGA

ジャイアント「プロペル アドバンスド SL 0 ディスク」
税抜価格:1,250,000円
サイズ:680(XS)、710(S)、740(M)、770(ML)mm
フレーム:Advanced SL-Grade Composite ISP OLD142mm
フォーク:Advanced SL-Grade Composite,Full Composite OverDrive 2 Column 12mm Axle
コンポーネント:シマノ「R9150デュラエース」
サドル:ジャイアント「CONTACT SLR FORWARD Carbon Rail」
ホイール:ジャイアント「SLR0 AERO DISC Carbon」
タイヤ:ジャイアント「GAVIA RACE 0 700x25C Tubeless Ready」

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載