スマートフォン版はこちら

自転車協会が提供、放送240回を突破楽しく自転車の魅力を発信 ラジオ『ミラクル・サイクル・ライフ』がますます好調

  • 一覧

 TBSラジオで放送中の自転車エンターテイメント番組『自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ』が、11月5日放送で第240回を迎えた。幅広く自転車の話題や魅力について語る30分番組。パーソナリティーを務める俳優の石井正則さん、自転車ツーキニストの疋田智さんに、TBSラジオの収録現場で話を聞いた。

 Photo: Ikki YONEYAMA

多彩なゲストが魅力

 ミラクル・サイクル・ライフは「自転車って楽しい」を合言葉に、2013年4月にスタート。番組を提供する自転車協会は、自転車の製造、輸入、販売といった、自転車に関わる企業、団体などで構成される一般社団法人で、一般用自転車を対象としたBAAマーク制度やスポーツ用自転車を対象としたスポーツBAAマーク制度という2つのマーク自主認証制度をとおして、安全性の高い自転車を利用者の方々に提供することで、自転車の利用普及促進に努めている。

2週に一度行われているという収録では、和やかな雰囲気のなか番組が作られていった Photo: Ikki YONEYAMA

 少々堅そうな業界団体がスポンサーだが、番組はとにかく自転車の楽しさを伝えることが中心だ。なかでもほぼ毎回、自転車に関連する多彩なゲストを迎えて、様々な自転車ライフを紹介している。

 これまでのゲストは、渡辺航さん(漫画家)、高千穂遥さん(小説家)、うじきつよしさん(タレント)といった自転車好きでおなじみの人はもちろん、泉麻人さん(コラムニスト)、前園真聖さん(元サッカー選手)、棚橋弘至さん(プロレスラー)、影山ヒロノブさん(歌手)といった意外な人も番組に登場している。

 最多出演のゲストは、プロロードレーサーの新城幸也選手。毎年末には必ず出演して、シーズンを振り返ってもらっているという。

ミニベロだけで『いいとも』出番が終了

 パーソナリティーの石井正則さんは、お笑いコンビ「アリtoキリギリス」でブレイクし、現在は俳優、タレントとして活躍中。そんな石井さんがスポーツ用自転車にはまったのは2000年ごろ。その頃住んでいたのが、電車やタクシーなど公共交通機関から不便な場所で、「あ、自転車があるじゃん!」と思い切って、少し高価なミニベロを購入したのが始まりだという。

石井正則さんはミニベロ一筋。現在12台の自転車を所有しているという Photo: Ikki YONEYAMA

 現在は折り畳めるミニベロを中心に、12台の自転車を所有する。大量の自転車は部屋の天井まで届く棚を作って、畳んだ状態で保管。「乗らなくても、折り畳んだ姿が美しかったりする」と楽しみの一つだ。ミニベロ好きが知られるようになって、2012年には初代の「ミニベロ親善大使」に就任した。かつて『笑っていいとも』に出演した際に、ミニベロの素晴らしさを延々語って、時間が終わってしまったこともあるそう。ことし11月には、7代目の「自転車名人」に選出された。

 普段の乗り方は仕事先などへの移動が中心。「スピードなど数字を気にしちゃうと、僕の乗り方だとちょっと違ってきちゃう」とサイクルコンピューターは付けない。仕事帰りに寄り道や散策をするなど、マイペースで街乗りを楽しんでいる。「急な飲み会に誘われたときも、畳んでタクシーに乗せて帰宅できる」といったように、肩肘張らずフレキシブルに使えるところが気に入っている点だという。

ラジオならではの反響も

 疋田さんは近年、自転車走行空間のご意見番的な固いイメージもあるが、元々は「自転車ツーキニスト」という言葉とともに、都市に暮らすサラリーマンの自転車の楽しみ方を発信してきた。番組では一人の“自転車好きおじさん”としてのカジュアルさと、趣味人としての造詣の深さを巧みに使い分けて、番組を盛り上げている。

疋田智さんは「自転車ツーキニスト」という言葉を作り広めたその人だ Photo: Ikki YONEYAMA

 現在8台の自転車を所有。乗るほうは最近子乗せ電動アシスト自転車がもっぱらだが、「時々ビューンとスピードが出るのに乗りたくなる」と月に2、3度はロードバイクに乗っているとのこと。

 疋田さんも番組が始まってから、「以前は『メルマガ読んでますよ』だったのが、『いつもラジオ聞いていますよ』という方がかなり増えた」と反響を実感しているという。

自転車は「幅広く、奥深い」

 番組は4周年を迎えた今年春から、内容を若干リニューアル。ゲストコーナーのほかに、自転車に関するニュースのコーナー、また「自転車脳内BGM」といった、リスナーの声を募集するコーナーが始まり、反響も増えてきているという。

これからも自転車の楽しさを発信! Photo: Ikki YONEYAMA

 自転車活用推進法の成立と施行や、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催決定など、自転車を取り巻く環境も大きく変化している。東京都内には自転車の走行位置を示すナビマークが増え、「都心に関しては、右側逆走が明らかに減った」と疋田さんも変化を実感している。

 石井さんは「自転車のことで話していて4年間、ネタが途切れるということがない」と、自転車の魅力の奥深さを指摘。「幅広く奥深い世界だということを、今後も伝えていきたいですね」と意欲をみせた。

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

関東地方:TBSラジオ(AM954kHZ、FM90.5MHz)毎週日曜日18:30-19:00
近畿地方:ABCラジオ(AM1008kHz、FM93.3MHz)毎週月曜日18:00-18:30

radiko.jpでネットからも聴取可能(エリアフリー対応)

関連記事

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載