栗村修著『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』本気レーサーの道しるべ “猫型”レーサーのバイブル

  • 一覧

栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング
著者:栗村修(プロロードレースチーム宇都宮ブリッツェン監督)
出版社:洋泉社
版型:A5
価格:1,785円(本体1700円+税)

 宇都宮ブリッツェンの監督であり、Jスポーツの海外ロードレース解説などでもおなじみ、栗村修さんのトレーニング教本である。ブリッツェンのチームカラーと同じく、真っ赤な表紙がまぶしい一冊だ。

 タイトルにある“かなり本気の”という表現に「どれくらい本気なの?」と思った。ざっと読んでみたところ、ホビーかシリアスはさておいて、「ロードレースに出場することに真面目に取り組んでいるくらい」といった印象だ。

強くなる方法を見つける「道しるべ」

 実はこの本、“答え”は書かれていない。本書において貫かれている大原則は、「選手が強くなれる方法は、人それぞれ」というものである。

 ポジションやフォーム、トレーニング方法など、世の中にはさまざまな理論があふれているが、体格、骨格、筋肉の付き方や質、体質や性格など、選手自身が持っている要素によって、最適解は全く異なってくる。その中で「自分に最も適した方法」を見つけるためのヒントを、多くの実例とともに示しているのが本書だといえるだろう。

 いずれも著者自身の選手、監督、解説者としての幅広い経験をもとに、分かりやすく、親しみやすい話し口調で記述される。数多い写真や図版、的確でユーモアあふれるイラストもあいまって、とても楽しく読み進めることができる。レースに関わる様々な事柄を解説しているので、単なる読み物としても面白い。

 内容はポジショニングとフォーム、ペダリングやコーナーリング、レース中の大小の戦術テクニック、トレーニング実施時の考え方、体のメンテナンスや食事、その他速くなるためのヒントなど、非常に多岐にわたっている。

 本書を読めば、自分が強くなるため道筋というものが見えてくるはずだ。それを理解した上で、それぞれの専門書に進むと良いだろう。「トレーニングの道しるべ」として、全てのロードレーサーにおすすめだ。

“猫型”レーサーの「バイブル」

 ――と、ここまでが、読者層全般に対しての書評である。

 実は本書の画期的なポイントは、選手の性格を“犬型”(規律型)、“猫型”(気分屋)、“オウム型”(追従型)の3つに分類したところではないだろうか。

 これまで一般に出版されるトレーニング教書というものは、ほぼ“犬型”と“オウム型”に向けてのものだった。しかし著者自身は“猫型”の性格なのだという。それを知ったうえで読み進めると、さらに興味深い。

 著者は“猫型レーサー”に対して「せっかく買ったパワーメーターですが、売っちゃってください(笑)」と言い切る。「そんな馬鹿な!」と思うかも知れないが、実はこの意見は正しい。気分屋の猫型レーサーがパワートレーニングなどという、規律型の最たるようなトレーニング方法を、まず完遂できるわけがないのだ。本書はこれまでのトレーニング理論では無視されていた猫型レーサーに対して、真正面から取り組んだ画期的な一冊なのである。

 あなたも猫型レーサー? 心当たりがあるならば、おすすめどころか「必読」「バイブル」とまで言える一冊だ。元・猫型レーサーの筆者が保証します。(米山一輝)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載