スマートフォン版はこちら

初来日のコンタドールも勇姿【速報】NIPPOのマルコ・カノラが初優勝 ジャパンカップクリテリウム

  • 一覧

 宇都宮市で開催のジャパンカップは10月21日、クリテリウムレースが宇都宮市街地で行われ、マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が優勝した。宇都宮駅前から続く大通りを封鎖し、多くの観衆が沿道で見守るなか、世界トップレベルのスピードでの戦いを繰り広げた。

ゴール後、優勝したカノラを中心に、NIPPO・ヴィーニファンティーニのチームメイトが勝利を祝福 Photo: Shusaku MATSUO

 2.25kmのコースを15周するレースは、小雨が降るなか、スタート直後からトレック・セガフレード勢が前方に固まって集団をコントロール。今年で引退のスーパースター、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)が先頭を引く姿もみられた。

トレック・セガフレードが集団を終始コントロールした Photo: Shusaku MATSUO

 大きな逃げは許されないまま、トレック・セガフレードを中心に各チームが位置取り争いをしながら最終周回へと突入した。混戦状態で最終コーナーを回り、ホームストレート残り300mからロングスパート気味に飛び出したカノラが、そのまま後続の追い上げを許さず、ジャパンカップクリテリウム初優勝を飾った。

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ 2017 ジャパンカップ・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載