輝くシーサイドから太古の森へ美しい“世界自然遺産の島”で100kmエコライドに挑戦 「2013 サイクリング屋久島」2月17日開催

  • 一覧

 世界自然遺産に登録されている鹿児島・屋久島を自転車で1周(約100km)する「2013 サイクリング屋久島」が2013年2月17日に開催される。

世界自然遺産の島を満喫できる「サイクリング屋久島」(2012年の大会風景)世界自然遺産の島を満喫できる「サイクリング屋久島」(2012年の大会風景)
世界自然遺産の島を満喫できる「サイクリング屋久島」(2012年の大会風景)世界自然遺産の島を満喫できる「サイクリング屋久島」(2012年の大会風景)

 今回で3回目となる「サイクリング屋久島」は、推定樹齢7000年以上の縄文杉など、自然があふれる太古の森を走るエコライドで、順位やタイムを競うものではない。前回は11歳の小学生から79歳のおじいちゃんまで幅広い世代、約250人が参加。キラキラ光るシーサイドを走り、雄大な滝で記念撮影し、各エイドステーションでは地元の食材に舌鼓をうち、屋久島に生息するヤクザルやヤクシカがいる世界自然遺産地区で思いっきりマイナスイオンを浴びる。自転車アスリートはもちろん、初心者でも屋久島を満喫できる大会となっている。

のんびりマイペースで走れるので、女性の参加者も多いのんびりマイペース。女性の参加者も多い
山だけでなく、シーサイドのコースも魅力山だけでなく、シーサイドのコースも魅力
コース脇には野生のヤクザルの姿もコース脇には野生のヤクザルの姿も
ボランティアによる5カ所のエイドステーションでは、地元の食材がたっぷりボランティアによる5カ所のエイドステーションでは、地元の食材がたっぷり

 コースは、世界自然遺産地域のモッチョム岳が目の前に迫る島南部の集落、尾之間(おのあいだ)から反時計回りにスタート。雄大な海原を横目に進み、安房(あんぼう)港を経由して、フェリーや高速船が発着する島内最大の町・宮之浦へと入る。

 その後、白砂の永田いなか浜を過ぎると、いよいよ島西部の世界自然遺産登録地域へ。この区間は太古の息吹を感じながら、高低差の激しいエリアに挑むチャレンジングなコースだ。日本の滝百選に選ばれた島最大の大川(おおこ)の滝を左手に見ながら、満潮時には入れなくなる平内(へいうち)海中温泉を過ぎれば、フィニッシュの尾之間に到着する。

 屋久島の美しい自然を満喫できる、島1周約100kmのエコライドコース。さらに今年からは、永田をスタートし、栗生(くりお)を経由して尾之間を目指すショートコース(50km)も新設された。

 5カ所のエイドステーションでは、ボランティアが協力して、地元の食材がたっぷり。ステーション以外でも、沿道の住民が果物やお菓子を振る舞うなど、島全土を挙げての高いホスピタリティーは参加者の評価も高い。

 今回は安田大サーカスの団長安田さんがゲストとして参加することが決定。今年9月に実業団チームのテストに合格した健脚で、先頭集団を走ること間違いなし。

 また、ツール・ド・フランスなど世界のビッグレースでニュートラルカーとして活躍する「MAVICカー」が大会をサポートする。会場で記念撮影もできる黄色のマヴィックカーは、団長安田さんとともに人気者になりそうだ。

自然遺産登録地域の景観は圧倒的自然遺産登録地域の景観は圧倒的
スギの板に文字が彫りこまれたオリジナルの完走証スギの板に文字が彫りこまれたオリジナルの完走証

 屋久島までのアクセスや宿泊が不安な方には、大会のオフィシャルツアーもある。ヤクデン商事の屋久島トラベルが企画したツアーは、東京発2泊3日で6万6800円、3泊4日で7万5800円(すべて飛行機利用、エントリー費別)。大阪発もあるので、気軽に問い合わせを(屋久島トラベル 0997-42-2112)。
「2013 サイクリング屋久島」大会公式HP

■実施要項
【開催日】2013年2月17日
【申込締切】2013年1月21日
【コース】尾之間~安房~宮之浦~永田~栗生~尾之間の約100km ※ショートコース50kmもある
【参加費】大人9500円、小学生4000円
【参加資格】小学5年生以上。大会規定を順守し本コースを9時間以内で完走できる方
【申し込み方法】
スポーツエントリーから登録
②電話申し込み 0570・550・846(平日10時~17時30分)
【主催】社団法人屋久島観光協会、屋久島町、サンケイスポーツ
【共催】屋久島商工会、屋久島町商工会青年部、屋久島商工会女性部
【特別協賛】屋久島電工株式会社
【協賛】屋久島おおぞら高等学校
【協力】アメアスポーツジャパン
【後援】日本サイクリング協会、鹿児島県サイクリング協会ほか
【大会HP】http://www.eco-ride.info/
【問い合わせ】サンケイスポーツ事業部 03・3275・8851(平日10時~17時)。宿泊などの問い合わせは屋久島観光協会 0997・49・4010(平日9時~17時)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリング屋久島

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載