限定アイテムやセール品も販売ジャパンカップ期間限定「ラファ宇都宮」 22日まで大通り沿いでオープン

  • 一覧
買い物客でにぎわう「ラファ宇都宮」の店内 Photo: Kyoko GOTO

 サイクリングウェアブランド「Rapha」(ラファ)が、ジャパンカップサイクルロードレースの会場となる宇都宮市で、10月22日までの期間限定ショップとして「ラファ宇都宮」をオープンしている。ラファ宇都宮だけの限定商品や秋冬商品のセール品などを取り扱っているほか、ゲストを呼んだトークショーなどを開催している。

 ショップは昨年までのオリオン通りではなく、クリテリウムが開かれる大通り沿いにオープン。ラファのメンバーズクラブ「RCC」のメンバーを対象とした観覧席を設けるなど、路面店の特性を生かし、これまでのショップからスケールアップした店構えになっている。

コースとなる大通りに面した期間限定ショップ「ラファ宇都宮」 Photo: Kyoko GOTO
クリテリウムを観戦できるRCC用の観戦席も用意。店内でビールも購入できる Photo: Kyoko GOTO

 ジャパンカップ開催を記念し、作製されたオリジナルの限定グッズは、ジャパンカップ史上日本人唯一の優勝者である阿部良之氏が、かつて所属していた「MAPEI」のチームジャージに施されていた波文様をイメージしたデザインで、キャップ、サコッシュ、Tシャツの3アイテムが用意された。それぞれの価格は、Tシャツ4000円、キャップ3500円、サコッシュ2500円。キャップとサコッシュをセットで購入すると5000円で、1000円の割引になる。

ラファ宇都宮の限定グッズ Photo: Kyoko GOTO
「ラファ宇都宮」の限定キャップ。波文様は阿部良之氏の所属していた「MAPEI」のチームジャージのオマージュ Photo: Kyoko GOTO

 ジャパンカップのサイクルロードレース本戦が行われる22日には宇都宮市森林公園の物販エリアで、テントショップとしてブースを出展する。22日には、この日のKOM地点となる古賀志林道の頂上にラファの移動販売車両「ラファ ルイゾン」も設置する。

秋冬商品もジャケットを中心にセール Photo: Kyoko GOTO
「オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ」が店内でドリンクを販売 Photo: Kyoko GOTO
アタッキ チームグストのベンジャミン・ヒル(左)とアルダー・マーツが突如来店。店内に設けられた「ズイフト」ブースでファンと触れ合う場面も Photo: Kyoko GOTO

 物販以外にもゲストを呼んだトークショーを実施しており、10月21日の午前中に開催されたサイクルフォトグラファーの辻啓さんによる「今年のロードレースを振り返る」と題したトークイベントには、多くの観客が集まった。また、同日午後6時からは、ラファが限定アイテムのデザインでフィーチャーした元プロロードレーサー、阿部良之氏によるトークイベントも予定している。

サイクルフォトグラファー・辻啓さんのトークショーに朝からたくさんの観客が集まった Photo: Kyoko GOTO
辻啓さん Photo: Kyoko GOTO

 そのほか、10月22日の午後8時から「ラファ宇都宮」にてクロージングパーティーの開催を予定している。誰でも参加可能で、ラファ・ジャパン担当者は「レースを終えたばかりの選手たちがサプライズで来店する可能性もあるかも」と話している。

「ラファ宇都宮」

住所:〒320-0801 栃木県宇都宮市池上町2-2 中村第一ビル1F
電話番号:080-9105-6558
営業時間:10月21日(土):~20:00まで
10月22日(日):14:00-19:00/20:00 -(19時で一時閉店後、20時に再オープン)

【阿部良之氏トークイベント】
10月21日(土) 17:30受付 – 18:00開始 19:00時終了予定
【クロージングパーティー】
10月22日(日) 20:00 開始
入場料:無料(メールアドレス登録者はドリンクを1杯サービス)

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ 2017ジャパンカップ・現地レポート ラファ ラファ・ジャパン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載