雨の中ロードレースのコースを1周森林公園でオープニング・フリーラン トップ選手とジャパンカップ会場で交流

  • 一覧

 ジャパンカップサイクルロードレースが行われる宇都宮市森林公園では10月21日、オープニング・フリーランやブース出展が行われた。悪天候にも関わらず、大勢のサイクリストが詰めかけた。

オープニングフリーランのスタート Photo: Naoi HIRASAWA

世界トップ選手と一緒に

 一般参加者によるオープニング・フリーランでは、ジャパンカップサイクルロードレースの森林公園周回コース1周(10.3km)を、トレック・セガフレードやBMCレーシングチームといった、UCIワールドチームの選手と走ることができる。

海外チームの選手たちと一般参加者たちが宇都宮森林公園の周回コースを一緒に走るオープニングフリーラン Photo: Naoi HIRASAWA

 選手らはスタート前に笑顔で会話をしたり、ファンと写真撮影をしたりとリラックスムード。ゴール後、参加した一般サイクリストは「ワールドツアーのチームの選手と一緒に走れるのはジャパンカップしかない。とてもいい機会」「トップクラスの選手の走りに圧倒された。選手は坂を軽々と上るが、ついていくのが精一杯だった」と達成感溢れる表情で口にした。

フリーランのゴールシーンはプロ選手と一般参加者のスプリント勝負も Photo: Naoi HIRASAWA
ポーズをしながらフィニッシュする女性参加者コンビ Photo: Naoi HIRASAWA

各ブランドが最新モデルを出展

 今年もジャパンカップの会場ではさまざまなブースが出展されている。それぞれのメーカーが出すモデルの展示販売はもちろん、選手のサイン会も行われ会場を盛り上げる。

フリーランの後にファンの前でトークを繰り広げた別府史之 Photo: Naoi HIRASAWA
別府史之らの登場で大勢のファンが詰めかけたトレックブース Photo: Naoi HIRASAWA

 トレック・セガフレードブースでは、グッズやコーヒー販売を実施。午前中はアルベルト・コンタドールやフリーランを終えたばかりの別府史之が登場し、多くのファンが詰めかけた。コンディションにもよるが、あす22日も選手が登場する予定となっている。

多数のバイク、フレームを展示するキャノンデール Photo: Naoi HIRASAWA

 キャノンデールのブースでは、グッズ販売やバイクを展示を行う。「CAAD12 COLORS」は8月に登場したモデルで、全22カラーをラインナップ。会場を彩った。また、昨年のジャパンカップの覇者であり、ことしブエルタ・ア・エスパーニャで山岳賞を獲得したダヴィデ・ヴィレッラの山岳賞ジャージもサイン入りで展示されている。

バイクブランド「フェルト」ブース Photo: Naoi HIRASAWA

 フェルトは、2日間通して4モデルを展示。人気自転車マンガ『弱虫ペダル』(週刊少年チャンピオン連載)作者の渡辺航さんが率いる自転車チーム「弱虫ペダル サイクリングチーム」の選手が使用しているモデル「FR1」も展示している。また、22日にはクリテリウムに出場した中村龍太郎が、「AR FRD」とともに登場する予定。写真撮影を行い、その場でSNSにアップするとフェルトのノベルティを手に入れることができる。

ヘルメットのオージーケーカブトは「エアロR1」などを展示 Photo: Naoi HIRASAWA

 オージーケーカブトは、人気モデル「AERO-R1」(エアロ-R1)をはじめとしたアイテムを販売。「エアロ-R1」とオプションのカラーシールドを並べる。全カラーを実際にフィッティングをすることができる機会となっている。

 今回ジャパンカップ初出場となるロットNL・ユンボが使用する自転車メーカー「ビアンキ」のブースでは、レプリカジャージやタオルなどを販売。あすは天候やコンディションによるものの、選手もブースに登場する予定だ。

 また、地元チーム宇都宮ブリッツェンが使用する「メリダ」のブースでは、バイク展示やアイテム販売が行われた。

バイクブランド「ビアンキ」ブース Photo: Naoi HIRASAWA
新型「リアクト」を展示するメリダ Photo: Naoi HIRASAWA

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ 2017ジャパンカップ・現地レポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載