スマートフォン版はこちら

スター選手の登場に大歓声コンタドールに沸いた宇都宮 ジャパンカップチームプレゼンテーション

  • 一覧

 「ジャパンカップサイクルロードレース」のチームプレゼンテーションが10月20日、宇都宮市内の「オリオンスクエア」にて開催された。普段はなかなか見ることができない世界的なスター選手や、国内チームの選手への応援で、会場内は大いに盛り上がった。監督・選手たちが土曜日のクリテリウムと日曜日のロードレース本戦に向け、大勢のファンを前に抱負や意気込みを語った。

観客の大声援に応えるアルベルト・コンタドール Photo: Naoi HIRASAWA

宇都宮市長「昨年以上に盛り上げてほしい」

宇都宮市マスコットキャラクター「ミヤリー」と一緒に登場した佐藤栄一市長 Photo: Naoi HIRASAWA

 開催に先立って、佐藤栄一宇都宮市長が、市のゆるキャラのミヤリーちゃんと一緒に登場。「13万5000人が来場した昨年以上に盛り上げてほしい。宇都宮を餃子だけでなく、様々な分野で楽しんでほしい」と語った。

 続いて、ジャパンカップ大会オブザーバーの今中大介さん、TOJ大会ディレクターの栗村修さん、オープンレースの実況を務めるMCアリーさんが登場し、今大会の見どころを語り合った。先日急逝したサイクルロードレースフォトグラファー、高木秀彰さんの追悼映像が放映された後に、黙祷を捧げる時間が設けられた。

(左から)サッシャさん、絹代さん、今中大介さん、栗村修さん、MCアリーさん Photo: Naoi HIRASAWA
急逝したサイクルフォトグラファー、高木秀彰さんを偲ぶ映像が流された Photo: Naoi HIRASAWA

 そして、いよいよお待ちかねのチームプレゼンテーションが始まった。一際声援が大きかった海外チームの様子からお届けしたい。

キャノンデール・ドラパック

 ワールドチームのトップバッターを飾ったのは、大会2連覇を狙うキャノンデール・ドラパックだ。連覇への意気込みを聞かれたトム・サーザム監督は「もちろん連覇を狙っている」とシンプルに回答した。

キャノンデール・ドラパック Photo: Naoi HIRASAWA

 ことしのブエルタ・ア・エスパーニャで山岳賞も獲得しているダヴィデ・ヴィレッラは「体調も良いし、連覇を目指している。雨が降っても、みんな条件は一緒なのだから、やることは変わらないよ」と抱負を述べた。

 ダヴィデ・フォルモロは「コンディションはいいので、キング・オブ・ジャパン(ヴィレッラのこと)と一緒に勝てるように精一杯アシストしたい」と、ヴィレッラのサポートに回ることを表明していた。

ロードレース2連覇を狙うダヴィデ・ヴィッレッラ Photo: Naoi HIRASAWA
ダヴィデ・フォルモロ Photo: Naoi HIRASAWA

 また、クリテリウムへの意気込みを聞かれると、ヴィレッラが監督の代わりに「フォルモロが勝つと思うんだけど」と、ジョークを飛ばした。フォルモロはクライマーなので、スプリントは苦手だからだ。MCが「作戦は秘密なの?」と問いかけると「シークレットだよ」とヴィレッラは答えた。

 すると、ハウズが「作戦が知りたいの? ぼくが(スプリントを)やるよ!」と語り、会場内の大声援を誘う一幕も見られた。

BMCレーシング・チーム

 続いて大歓声に包まれて登場したのは、リッチー・ポートを擁するBMCレーシング・チーム。

 ファビオ・バルダード監督からは、「ブラム・ヴェルテンはいいスプリンター。クリテリウムは彼に期待してほしい。ロードレースは、マルティン・エルミガーにとってキャリア最後のレースとなる。華々しく飾ってほしい」とクリテリウム、ロードレースそれぞれの注目選手を挙げた。

BMCレーシングチーム Photo: Naoi HIRASAWA

 今シーズン限りでの引退を表明し、ジャパンカップが現役最後のレースとなるマルティン・エルミガーは「雨で厳しいレースにはなると思うが、良い順位でゴールしたい。是非、勝利のジャージを手にしたい」と話す。

 世界的スター選手であるポートは「日本のファンは本当に素晴らしい、こんな雨の中でも集まってくれた。そういったみなさんにいいレースを見せたい。(ツール・ド・フランスでの落車から)しばらく乗っていなかったので、少し太ってしまったが、来シーズンに向けてこのレースでいい準備をしたい」と話していた。

ジャパンカップで引退を迎えるマルティン・エルミガー Photo: Naoi HIRASAWA
大きな歓声を受けたリッチー・ポート Photo: Naoi HIRASAWA

ロットNL・ユンボ

 ジャパンカップ初出場のロットNL・ユンボが登場。

 リヒャード・ブラビエ監督は「週末を通じて、日本への愛がどれだけ大きいか、日本のファンへの愛がどれだけ大きいかをアピールする走りを見せたい」とファンに向けてメッセージを送った。

ロットNL・ユンボ Photo: Naoi HIRASAWA

 本戦でエースを務めることが予想されるエンリコ・バッタリーンは「体調もいいので日曜日のレースを頑張りたい。雨が降るのでレースが難しくなるかもしれない」と語り、また、クリテリウム・デュ・ドーフィネでステージ1勝と山岳賞をクーン・ボウマンは、「体調もいいし、チームもすごく強い。雨が降るみたいだけどなるべく良い結果が出せるように頑張りたい」と、それぞれ控えめながらも勝利への強い意思を感じるコメントを残した。

エンリコ・バッタリーン Photo: Naoi HIRASAWA
クーン・ボウマン Photo: Naoi HIRASAWA

トレック・セガフレード

 この日一番最後にステージ上がったトレック・セガフレードに対しては、この日一番大きな歓声が上がった。もちろん、アルベルト・コンタドールが登場したからだ。

トレック・セガフレード Photo: Naoi HIRASAWA

 まずは、ヤロスラフ・ポポヴィッチ監督から「明日のクリテリウムはコンタドールも出場する。そして、フミ(別府史之)の3連覇を狙いたい」とコメント。

ジャパンカップのために用意されたスペシャルバイクとともに登場した別府史之 Photo: Naoi HIRASAWA

 3連覇への意気込みを問われた別府史之は「明日のクリテリウムのためにバイクを新調して、スペシャルバイクに乗る。このバイクで勝たないとまずいですよね。明日は、やり切って走りたいと思っています」と語った。

 また、今大会最も注目を集めているといっても過言ではないコンタドールは「日本に来ることができて、とても感謝しています。ずっと日本に来たかった。日本のみなさんは、空港に着いた1分後から温かく迎えてくれました。これが、最後の来日でないことを願っています。(日本のファンの声は届いている?という質問に対して)今ではインターネット・SNSで日本ファンの皆さんの声は届いていますが、実際に来て1人1人の顔を見て、本当に温かい気持ちを受け取っています。(多くのスペイン国旗が掲げられていることについて)日本でこんなにスペインの旗を見るとは思っていませんでした。ホームに帰ってきた気持ちです」と喜びを語った。

初来日ながら「ホームに帰ってきた気持ちです」と語ったアルベルト・コンタドール Photo: Naoi HIRASAWA

 司会の栗村さんから別府への「コンタドールの出場は別府選手の口添えがあったのか?」という質問に対して、「カンチェラーラにしても、コンタドールにしても、チームメイトには、日本は素晴らしい国だからおいでよと話している」と別府はコメント。世界トップカテゴリーで長年走り続けるベテラン選手の一面をのぞかせた。

 ジャスパー・ストゥイヴェンは「日本に来るのは2回目。クリテリウムでは、フミの3連覇を狙う。ロードレースは、雨が心配だが、いい結果が出るように尽力したい」と口にした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ

 2人の日本人選手を擁するNIPPO・ヴィーニファンティーニ。マリオ・マンゾーニ監督は「クネゴ選手は過去2回勝っている。これを繰り返したい。それだけでなく、カノラなど、ほかにも強い選手をそろえてきた。日本のファンの前で素晴らしい走りを見せたい」と話した。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ Photo: Naoi HIRASAWA
ダミアーノ・クネゴ Photo: Naoi HIRASAWA

 2005年、2008年にジャパンカップで優勝したダミアーノ・クネゴは「日本に来るのは11回目になる。九州の大分から来たが、大分の良さも楽しんだ。日本の特別なファンのみなさんの前で試合ができることが嬉しい。残念ながら雨となりそうだが、この雨が味方になればいい。強い仲間も一緒に来ているので、このチームで勝てればと思う」と勝利を狙う。

 また、初めてジャパンカップに出場する小林海(まりの)は「日本で走る機会は少ない。走るからには100%出したい」、中根英登は「4人の最強の親分たちに引っ張られて、頑張りたい」とそれぞれ意気込みを語った。

チーム・ノボノルディスク

 所属選手全員が1型糖尿病を患っているチーム・ノボノルディスクが登場。レースの結果だけでなく、走ることによって同じ境遇の人たちにここまでできるんだというメッセージを伝えるため走っている。

 チーム創設者でもあるフィル・サザーランド監督は「とても高いモチベーションでやってきた。日本のスポンサーもバックアップしてくれるし、できれば表彰台を狙いたい」と抱負を述べていた。

ノボノルディスク Photo: Naoi HIRASAWA

 4年連続の出場となるシャルル・プラネは「ここに戻ってくることをとても楽しみにしいていた。何週間か前のレースで良い結果を出したので、ジャパンカップでも良い結果を出して、同じ病気で苦しむ人たちを勇気づけたい」、ダビ・ロサノは「3度目の来日となるが、日本に来るのをとても楽しみにしていた。今シーズンは調子良かったので、できればトップ10に食い込みたい」と、それぞれ意気込みを語った。

アタッキ チームグスト

 ツール・ド・とちぎで優勝したベンジャミン・ヒル擁するアタッキチームグストは、かわいらしいキャラクター「アタ吉くん」とともに登場。

アタッキチーム グスト Photo: Naoi HIRASAWA

 背中にアタ吉くんがプリントされたトップスを着たピーター・シャンドン監督は、「(日本には)何度も来ているが、今回もベストを尽くすだけ。厳しいレースになると思うが、ベストメンバーを選んできたので、素晴らしい走りをしてくれると思う」と自信をのぞかせた。

 3月のツール・ド・とちぎで優勝したベンジャミン・ヒルは、「参加できただけでもうれしかったですが、優勝というご褒美をもらった栃木とは相性がいいと思う」と、また台湾人レーサーのルー・シャオシュアンは、「チームのためにいい走りをしたい。みなさん集まっていただいてありがとうございます」と話した。

宇都宮ブリッツェン

 国内チームのトップバッターを務めるのは地元チームの宇都宮ブリッツェン。登場前、チーム紹介の映像が流れた時点で会場から大きな拍手が送られていた。さらに入場時には、様々なグッズを観客に投げるファンサービスに、会場はさらに沸いていた。

宇都宮ブリッツェン Photo: Naoi HIRASAWA

 清水裕輔監督は「優勝を狙っている」と力強い言葉。また、元監督である栗村さんは「栃木で育った選手が下部組織からあがって日本代表になり、先日ツール・ド・ラヴニールを戦ってきたばかり。いいチームだ」と評価した。

 「オノデライダー」ポーズがお馴染みになった小野寺玲は、「3度目のクリテリウム挑戦。今年こそ、てっぺんを獲りたい。赤い声援の中で勝ったら、ヒーローになれるんじゃないか。今年こそ勝ちたい」と意気込みを語った。

 バセドー病、鎖骨骨折から復帰を果たした増田成幸は話を振られると、「今日は真理さんに時間を割いて」と今季限りでの退団を発表している先輩にマイクを譲る。

 その鈴木真理は、「ブリッツェンのジャージを5年間着させていただいた。いい走りはしたいけど、走って自分のことを考えたい」と素直な思いを口にした。

キナンサイクリングチーム

 キナンサイクリングチームは、山本元喜ら所属する日本人選手への声援が一際大きかった。石田哲也監督は「レベルの高いレースで、見どころをつくりたい。本戦はツール・ド・北海道で総合優勝したマルコス・ガルシア、クリテリウムはスプリンターの雨乞竜己で勝負したい」と語った。

キナンサイクリングチーム Photo: Naoi HIRASAWA

 ロードレースでエースを務めるガルシアは「モチベーション高いので全力を尽くしたい」とコメント。山本元喜は「調子は上がってきている。チームとしてもバッチリな感じ」、雨乞竜己は「明日だけなので、表彰台狙って頑張りたい」、中島康晴は「雨の中来ていただいた皆さんの声援に負けないくらい熱い走りをしたい」と、それぞれ意気込みを語っていた。

ブリヂストンアンカー サイクリングチーム

 水谷壮宏監督はチームについて、「今月はカザフスタン、ツアー・オブ・イランで鍛えてきた。イランのレースでは、みんなお腹の調子を悪くしたが、逆に絞れるから調子が良くなっている。今回、初山翔は2~3kg絞れた。西薗は調整したが、絞り過ぎて倒れた」と笑いをとる。

 元全日本チャンピオン初山翔は「調子はいい。毎年毎年言っているけど、大事なレースなのでチームとしても準備してきた。このメンバーで走る最後のレースになるので、1周1周噛みしめて走りたい」と意気込みを語る。

ブリヂストンアンカーサイクリングチーム Photo: Naoi HIRASAWA

 また、今季限りの引退を発表した西薗良太は、「大学のとき初めてナショナルチームで招集されたのがジャパンカップ。感慨深いものがある。厳しい天候が予想されるが、それがチャンスかなと思っている。番狂わせを起こさないといけない」と悪天候をチャンスと捉えていた。

 昨年まで宇都宮ブリッツェンに所属していた大久保陣は、「ブリッツェンの時とはまた違う緊張感。宇都宮の地でいいところを見せたい」、石橋学は「ロードレースは天候が心配だが最後まで頑張ります」、鈴木龍は「クリテリウムで優勝できるように力を尽くしたい」、新城雄大は「天気が悪くても、2日間いい走りをしたい」とそれぞれ意気込みを語った。

マトリックスパワータグ

 上半身裸にダウンベストを着用した状態で登場した佐野淳哉が生着替えを披露するなど、毎年恒例のパフォーマンスを展開したマトリックスパワータグ。ファンの声援と笑い声が今年も会場内に響いた。

マトリックスパワータグ Photo: Naoi HIRASAWA

 安原昌弘監督は、マイクを逆さにして喋り出したり、小指を立てながら喋り出して、MC陣からの総ツッコミを受けていた。安原監督が受け答えしていると、どこなく鳴り響く携帯電話の音が気になり出す。隣にいた田窪賢次に「やめろと言ってるだろ」と手持ちのピコピコハンマーで軽く頭を叩くが、「もしもし」と携帯を取り出して会話を始めたのは、そのさらに隣の土井雪広。そこでスペイン人選手を含む全員がズコーっと転げ落ちるなど、おなじみの安原劇場が繰り広げられていた。

 「内容のあるコメントを1分以内でお願いします」と振られた佐野が「選手にものすごい個性があるので、好き勝手走らせてもらって、その乱雑ぶりを見てもらえればと思います」とコメントを残し、安原劇場を締めくくった。

那須ブラーゼン

 地元栃木の那須ブラーゼンは、メインスポンサーである那須ハイランドパークのキャラクター「ウーピー」も駆け付けた。清水良行監督は「いい感じでここまでこられているので、期待していください」と力強い言葉。

那須ブラーゼン Photo: Naoi HIRASAWA

 Jプロツアー個人総合ランキング2位の吉岡直哉は、「宇都宮ロードレースで勝つことができた。また、ここで(宇都宮)結果として思い出を作りたい」と語った。

 また、スプリンター下島将輝は「去年はこの時期怪我をしていた。復帰戦となったジャパンカップで、ポイント賞を狙いに行ったが井上和郎選手(当時ブリヂストンアンカー)に負けて2位になった。今年は、ポイント賞もゴールも狙いたい」と話す。

 西尾勇人は「表彰台に上がれるような走りがしたい。応援よろしくお願いします」、今年加入した岸崇仁は「日曜日の方が得意なコースなので、TKと呼んで応援してください」、同じく新加入の柴田雅之は「今日は寒い中お集まりいただきありがとうございます」と雨の中集まった観客を気遣うコメントを残していた。

チームUKYO

 UCIアジアツアーランキング首位を走るチームUKYOの登場だ。片山右京監督は「ジャパンカップは、以前は出ることすらできなかったレース。だが去年のクリテリウムは2位、本戦はオスカル(・プジョル)が5位だった」と、チームの発展について語った。

チームUKYO Photo: Naoi HIRASAWA

 全日本チャンピオンジャージを着る畑中勇介は「このレースを見て自転車選手になろうと思った。山岳で逃げる選手の姿がかっこよくて、今度は自分がそうなれるようにと思って走っている。過去に表彰台にあがっているので、目指すは表彰台のてっぺん」と意気込みを語った。

 スプリンターのジョン・アベラストゥリは「明日のクリテリウムは雨が降るかもしれないけど、勝ちたいのでベストを尽くす。去年は2位だったので、去年よりも良い位置にいきたいね」と、一言お願いしますと振られた平塚吉光は「がんばりまーす」と一言、アジアツアー個人ランキングで9位につけるベンジャミ・プラデスは「日曜のレースは、なるべくずっと走り続けることが目標」と控えめに意気込みを語っていた。

 片山監督は「ネイサン・アールとジョン・アベラストゥリは、来年プロのチームに戻るので、これが見納め」と語ってインタビューを締めくくった。

ジャパンナショナルチーム

 日本代表チームは、新しくなったデザインのウェアに身を包んで登場した。チームが選出されなかったチームに所属する選手や、U23の若手選手で構成される。

 浅田顕監督は「ジャパンナショナルチーム、ジャージが新しくなりました。遠くから見ても、日本チームとわかるように世界対応になりました」と、この日お披露目となった新ウェアをアピールした。

新デザインのジャージで登場したジャパンナショナルチーム Photo: Naoi HIRASAWA

 この日が誕生日だという石上優大は「今年、さらにいい順位を狙いたい」、木村圭佑は「気合を入れて2日間走りたい」、山本大喜は「クリテリウムは自分向きのコースではないが、ロードレースは自分向き。いつも通り目立つ走りをしたい」、入部正太朗は「天気に負けない暑い走りで、いい結果が残せるように、いい意味で目立ちたい」と意気込みを語った。

クリテリウムスペシャルライダース

 「クリテリウムスペシャルライダース」は、土曜日のクリテリウムのみに出場する、国内外の有力選手や競輪選手による、スペシャルチームだ。

 ジャパンカップのロードレースで2度優勝経験があるネイサン・ハースは、「どうやったらジャパンカップで走れるのか」と、個人的に親交のあるサッシャさんにメールで聞いたほど、再来日を望んでいた。ハースは「宇都宮に戻ってこれて、最高の気持ちだ。ランチは『ほっともっと』を食べたよ」と話し、会場の笑いを誘っていた。「競輪のスペシャリストや、TTのスペシャリストや、ぼくもいるので、楽しいショーをみんなに見せたい」と抱負も語った。

クリテリウムスペシャルライダーズ Photo: Naoi HIRASAWA

 社会人レーサーとして走っているイナーメ信濃山形に所属の中村龍太郎は、「先ほど仕事を終えて来た。ネイサン・ハースの隣にいることにすごく興奮している。明日は魅せられるレースをしたい」と、競輪選手の新田祐大は「この舞台に立てるのは3回目になるが、今まで完走したことがない。ぼくの目標はより多くみなさんの前で走り続けること」、同じく競輪の渡邉正光は「競輪選手で完走者がいないので、自分が初完走者になりたい」、シクロクロスの小坂光は「スペシャルチームで走るのは3回目だが、なかなか目立つ走りができていなかったので、今年こそは目立ちたい」と、それぞれ抱負を述べた。

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ 2017ジャパンカップ・現地レポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載