東武東上線ときわ台駅前自転車アパレル「デマルキ」が東京でポップアップストア 10月28日から3日間限定

  • 一覧

 イタリアのサイクルアパレルブランド「De Marchi」(デマルキ)が、ポップアップストアを3日間限定で東京都内にオープンする。最新秋冬モデルの販売のほか、本来京都店でしかオーダーできないウェアの受付も行う。また、デマルキ京都店ではパラトライアスロン選手・鏡味信幸氏(かがみ・のぶゆき)のサポートをスタート。バイクウェアで鏡味氏の競技を後押しする。

デマルキがポップアップストアをオープン © PODIUM

ビブショーツのカスタムが可能

 世界で唯一、デマルキの名称使用が許されたデマルキ京都店が、東京にポップアップストアをオープンする。

© PODIUM

 期間は10月28日から30日までの3日間限定。場所は東武東上線「ときわ台駅」南口の目の前と好立地だ。店内では最新の秋冬モデルの先行販売や、既存の秋冬モデルのアウトレット販売、さらに「クラシコ・カスタム・ビブショーツ」の販売も行う。

クラシコ・カスタム・ビブショーツ ©© De Marchi

 プロトライアスリートにも使用され好評を得ている「クラシコ・カスタム・ビブショーツ」は、購入時にパッドの位置をライダーに合わせて調整が可能。世界中でデマルキ京都店でしか取り扱いのない特別な一着だ。本来は京都に行かなければ手に入らないが、今回特別にポップストアで注文を受け付ける。こちらの注文は28日限定。微妙なセッティングを施すために、自身のロードバイクを持参するのがおすすめだ。

デマルキ 東京ポップアップストア

■日時:2017年10月28日(土)~30日(月)各日とも12:00~20:00
■場所:〒174-0072東京都板橋区南常盤台2-4-1「杜のまちや ときわ台」
(東武鉄道東上線「ときわ台駅 南口」徒歩1分)

パラトライアスロン選手・鏡味信幸氏をサポート

 デマルキは、パラトライアスロンの鏡味信幸選手に対し、デマルキ京都店によるバイクウェアのサポートを行う。

メダル獲得を目標とする鏡味信幸選手 © PODIUM

 鏡味選手は、2018年世界選手権出場及びITUポイントランキング10位以内、そして2020年の金メダル獲得を目標にかかげる。現在は所属チームであるトライステラの指導のもと、すでに多数の国内レースで勝利、国際レースにおいても上位入賞を複数挙げている。デマルキのウェアで最初に公の場に登場するのは「高島ロングライド100」(2017年10月22日)からとなる。

ウェアで鏡味信幸選手の競技サポート © PODIUM

 提供ウェアは、カスタム・ビブショーツやメリノ・ベースレイヤー(SS17)、未発表品 FW17-18モデル「クラシカ・ジャージ(FW17-18モデル)」など5点。適応温度幅の広さが、選択の決め手となった。気温変化の大きな季節に適したハイテクウール素材を使用したジャージで、競技をサポートする。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

デマルキ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載