スマートフォン版はこちら

応募受付は10月15日まで自然豊かな秋の風景や地元グルメを満喫 「ステーションライドin南房総」10月28日に開催

  • 一覧

 サイクリングイベント「Station Ride(ステーションライド)in 南房総2017」が10月28日、千葉県南房総・館山両市で開催される。南房総の豊かな自然を満喫できる3つのコースが設定され、エイドステーションでは地元の特産品を使ったグルメが多数用意される。このイベントに合わせて運行されるJR東日本の団体専用臨時列車「サイクルトレイン」も人気の大会。応募受付は10月15日まで。

ヤシの木のゲートを駆け抜ける「ステーションライド in 南房総」の参加者たち (2016年大会より) Photo: Naoki OHOSHI
海沿いのダイナミックな光景を進む参加者 Photo: Naoki OHOSHI

 JR館山駅から徒歩で行ける館山北条海岸をスタート・ゴール会場に、時計回りに南房総を巡る3コースが用意されている。南房総を東へ横断してから南端をぐるりと巡る80kmをベースに、内陸部のルートを追加した100km、130kmのコースがあり、参加者が自分の走り方に合ったコースを選択する。アップダウンのある山間部やダイナミックな景観の海沿いで、秋を感じさせる風景を楽しむことができるイベントだ。

 各コースごとに、目安の走行速度に応じて「特急グループ」(25km/h)、「急行グループ」(20km/h)、「各停グループ」(18km/h)に分けられてのグループ走行となる。また今大会から、仲間と一緒に走れるグループエントリーが可能になった。

 各地の道の駅にエイドステーションが開かれ、なめろうを焼いた郷土料理「さんが焼」や、「くじらコロッケ」「落花生ソフト」な特産品を中心としたグルメが例年提供されており、今年も豪華なエイドが並ぶ予定だ。

なめろうを焼いて大葉を乗せたさんが焼き。地元の郷土料理だ(2016年大会より) Photo: Naoki OHOSHI
和田浦の名物クジラを使ったクジラコロッケと落花生ソフト(2016年大会より) Photo: Naoki OHOSHI
車内の様子。自転車と座席の間には歩くスペースもある(2016年大会より) Photo: Naoki OHOSHI

 また、例年人気を博している団体専用臨時列車「サイクルトレイン」が両国駅~千葉駅~館山駅間で運行される。自転車をパッキングせずに乗れる首都圏では珍しい列車で、「サイクルトレイン」の特別ヘッドマークも見どころ。なお、サイクルトレインの応募は定員に達したため締め切られている。(10月10日現在)

Station Ride in 南房総 2017 produced by BiCYCLECLUB

■日程:2017年10月28日(土)※雨天決行(安全に支障をきたす天候の場合は中止)
■コース:①80km ②100km ③130km(南房総市、館山市内)
 各コースともレベルに応じてグループ分け(特急グループ=25km/h、急行グループ=20km/h、各駅グループ=18km/h )※走行速度は目安です。
■走行方法:走行速度に合わせ15~20人の範囲でグループを組み、先頭のガイドの後について走行。※途中グループ変更可
■定員:400人(現地集合:310人、サイクルトレイン:90人)
■参加費:8,000円 ※コースマップ、記念Tシャツ、完走記念グッズ、メカニック応急対応、保険代 含む
■参加資格:・健康で交通ルールを守れる小学生以上の方(小学生は保護者の同伴が必要/ 18歳以下の方は保護者の同意が必要)
 ・大会規約に同意をいただける方
 ・ヘルメット着用必須
 ・前後ともにブレーキが完備され十分に整備のされた自転車
■主催:Station Ride 実行委員会
■協力:南房総市、館山市、ベイエフエム、千葉県トライアスロン連合ほか ※予定
■企画:東日本旅客鉄道
■制作:枻出版社、エール・クリエート
■運営事務局:Station Ride事務局(枻出版社内)
 電話:03-3708-1793
メール:event@ei-publishing.co.jp

関連記事

この記事のタグ

サイクルトレイン 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載