スマートフォン版はこちら

新製品情報2017コガ、ニールプライドに新型ディスクロード登場 ジオライドジャパン展示会

by 村田悟志 / Satoshi MURATA
  • 一覧

 スポーツバイク輸入代理店ジオライドジャパンの展示会が東京都港区で開催。オランダのスポーツバイクブランド「KOGA」(コガ)そして、イギリスに本拠を移した「NEILPRYDE」(ニールプライド)からともに新型のディスクロードが登場したほか、アンドラの「COMMENCEL」(コメンサル)も新色を含む2018モデルが発表された。

最新モデルやニューカラーなど2018モデルを一同に展示 Photo: Satoshi MURATA

ニールプライド初のディスクブレーキモデル

 昨年、イギリスに本拠を移したニールプライド。サーフブランドより始まったメーカーらしくカーボンに造詣が深く、また空力特性の生かし方に長けており、車種ごとのキャラクターをしっかりと分けつつも癖の無い、扱いやすい特性のバイク作りが特徴だ。

シンプルなルックスの「BURA DISC」フレームセット Photo: Satoshi MURATA

 今回発表されたのは、同社の中核を担うスタンダードなロードレーシングモデル「BURA」(ビューラ)のディスクブレーキバージョン「BURA DISC」。ベースモデルの特性である軽量さと反応の良さ、そしてニュートラルなハンドリングを継承しつつも、これまでとは全く異なるブレーキ負荷に対応するため、大まかなアウトラインと特徴は継ぎしながらも、全体にわたって強度や形状の見直し、再設計が行われている。外見での大きな違いはフロントフォークと、リブを無くした新形状のリアエンド。ブレーキホースはフォーク内部とチェーンステー内部を通す内装式で、ホイール支持は前後シマノ規格の12mmスルーアクスルを採用している。

12mmスルーアクスル採用で足回りの剛性が大幅に向上 Photo: Satoshi MURATA
シフトワイヤー、ブレーキホースともに内装式 Photo: Satoshi MURATA

コガの新作はハイエンドなアルミグラベルロード

 自転車王国オランダの総合バイクブランド、コガ。質実剛健なバイク作りを特徴とし、競技においてはトラックレースでのオランダ代表チームの活躍が有名。ロードレースではヨーロッパの若手育成チームの強豪SEG Racing Academyへのバイク供給で知られている。

「COLMARO Disc」フレームセット(Moss) Photo: Satoshi MURATA

 展示された新作はディスクブレーキのグラベルロード「COLMARO Disc」(コルマロ・ディスク)。KOGAらしく美しいスムースウェルディングで仕上げられたアルミフレームは、全体的に細身なパイプで構成され、シャープな印象。頑丈さだけでなく、未舗装路区間での快適性も考慮された構成は、ダートバイクやツーリングバイクも多く手がけるKOGAならではだろう。

 フレームカラーはオフブラックマットとモスの2色、前後ともに12mmスルーアクスルでワイヤーは内装式。マッドガードを装備できるマウントを備えている他、フロントディレイラーがバンド式でフロントシングル構成にもスムーズに対応する。

「COLMARO Disc」フレームセット(Off Black Matt) Photo: Satoshi MURATA
シャープなイメージのバックビュー Photo: Satoshi MURATA

 オランダナショナルトラックチームが使用し、世界中のトラックで勝利を量産しているKOGAの代名詞的モデル「KIMERA TRACK」に、コストパフォーマンスの高いアルミバージョン「KIMERA TRACK AL」が登場。レーシングマシンながらも前後にブレーキ台座を装備しているため、トラックレースでの入門用としてだけでなく、ブレーキを装着しての公道練習マシンとしても使用できる懐の深さが特徴的。

「KIMERA TRACK AL」フレームセット Photo: Satoshi MURATA
「KIMERA TRACK AL」前後にブレーキ台座つき Photo: Satoshi MURATA

コメンサルのDHバイクに新色登場

ピュアDHレーサー「SUPREME DH V4.2 Race」 Photo: Satoshi MURATA

 スペインとフランスの国境にそびえるピレネー山脈、その中に位置するアンドラ公国に本拠を構えるMTBブランドがコメンサルだ。ヨーロッパの中心に近い山間部で、毎年MTBやスキーの世界選手権を開催しているという最高の環境の中、開発されるバイクはどれも頑丈で性能も折り紙付き。2017年シーズンはUCI MTBワールドカップDHI(ダウンヒル)の女子エリートで年間ランキング1位獲得、チャンピオンとなっている。

 DHレーシングバイク「SUPREME DH V4.2 Race」は、HPP(ハイピボットポイント)サスペンションシステムが特徴。サスペンションピボット位置、そしてチェーンラインを高い位置に設定した独自構造で、キックバックの低減、路面追従性の向上に加え、衝撃吸収性も大きく向上する。勝つために開発されたピュアレーサーならではのソリッドな迫力が魅力。

フリースタイルDHバイク「FURIOUS Origin」 Photo: Satoshi MURATA

 対して、昨年から復活したDHフリースタイルバイク「FURIOUS」は純然なレーシングマシンでは無いという。操作性を重視しシンプルな構成で、バイクパークからジャンプ、ダウンヒルレースまでを全部楽しんでしまおうというのがコンセプトのフリースタイルMTB。楽しさを追求した結果生まれた、オールマイティな特性が特徴だ。

関連記事

この記事のタグ

ニールプライド(NEILPRYDE)のロードバイク

コガ コメンサル ニールプライド マウンテンバイク ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載