スマートフォン版はこちら

新製品情報2017スコットが2018年モデルで「アディクト」シリーズを刷新 「フォイル ディスク」も登場

  • 一覧

 スポーツバイクのほか、スキーやランニングシューズなどでも有名なスイスのスポーツブランド「SCOTT」(スコット)の展示会が東京都足立区で開催。レーシングモデルだけでなく、ヨーロッパのサイクルシーンにスポットを当てて開発されたエンデュランスモデルなど、多くのニューモデル、2018年新カラーフレームなどが展示された。

リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様が選べるアディクト Photo: Satoshi MURATA

「アディクト」シリーズラインナップが変更

 スコットのロードバイクといえば、軽量でオールラウンドな特性とグレードなどラインナップする車種の多さが人気のアディクトシリーズだが、2018より名称に変更が加わった。快適な特性を持つ、スポーツエンデュランス系のシリーズはそのままに、レーシーな特性を持つシリーズには「RC」(レーシングコンセプト)という呼称が追加、フレームにも「RC」とロゴが入るので見分けも付きやすくなった。またこれにより、長くスコットロードバイクシリーズで人気を誇っていた「CR-1」という名称は消えることとなった。

スタンダードシリーズはシートチューブに「ADDICT」、レーシングは「RC」と入る Photo: Satoshi MURATA

 エンデュランスバイクとしての特性を強めることとなったスタンダードのアディクトシリーズは「RC」に比べてヘッドチューブは長めに、トップチューブは細めの設計で安定感と乗り心地を重視。また、スタンダードで約32Cまで、レーシンググレード「RC」シリーズも約30Cまでと、タイヤクリアランス(許容幅)にも余裕が有る設計と、ヨーロッパではスタンダードなサイズとなっている太めのリム、タイヤを前提とした構成への対応の早さは、トレンドを牽引するビッグカンパニーならでは。

シクロクロスモデル「ADDICT CX」 Photo: Satoshi MURATA

 シクロクロスバイク「ADDICT CX」は、グラベルロードとは完全に別設計でさらに広いクリアランスを持ち頑丈でかつ軽量なつくり。フロントディレイラーの台座は取り外す事が可能で、更にオプションで専用のチェーンキャッチャー用意されていたりと、無理なく隙の無いフロントシングル仕様にできる。

エアロロードバイク「フォイル」がディスクブレーキに対応

 パリルーベでの勝利をはじめ、UCIプロチーム「ORICA-SCOTT」も使用するオールラウンドエアロロード「FOIL」シリーズに、ディスクブレーキバージョンが登場した。

軽量でレーシーなディスクロード「FOIL DISC」 Photo: Satoshi MURATA

 独自の翼形状デザインコンセプト「F01 Technology」によって設計された全体のシルエットなどはそのままに、負荷のかかり方や装着場所が異なるディスクブレーキ対応のモディファイを行っている。ブレーキは前後フラットマウントで、油圧ブレーキホースはフレームとフォークに内装、スッキリとした外観に。フォークは剛性バランスの見直しのほか、ブレーキキャリパーの外側を覆うようなエアロフィンを設けた完全新設計の特殊形状となった。また、ホイール支持は剛性と保持力が高い12mmのスルーアクスルだが、ネジピッチを1.5mmとする事で、素早くスムーズなメンテナンスを可能としている。

フォークエンドの独特なフィン形状が目を引く Photo: Satoshi MURATA
SCOTT社のロゴ入りキャンディ、毎回味が変わるなど芸が細かい Photo: Satoshi MURATA

MTBは29erメインのラインナップに変更

 UCI世界選手権クロスカントリー(XCO)で現在6連勝と圧倒的な強さを見せているニノ・シューターも駆る「SPARK」シリーズの「WORLD CUP」など多くのモデルが展示された。今シーズンはラインナップのほとんどを29erにサイズアップ。エントリーグレードにのみ27.5+を一部採用するという大きな方向転換をおこなっている。

「SPARK RC 900 WORLD CUP」 Photo: Satoshi MURATA

 これはBOOST規格のハブで大径ホイールの剛性が上がったこと、27.5インチにこだわっていた小柄なシューターが29erに乗り換えてもその実力を発揮して勝ちまくっていることなど、ボディサイズを問わずメリットを生かす事ができるバイク作りができるようになったことによるもの。

 また、参考出展として、現在ヨーロッパで大人気のジャンルとなっているe-bike(電動アシスト)のMTBを展示。パワーユニットに話題のSHIMANO製を採用したモデルと、e-bikeで実績のあるBOSCH製を採用したモデルが併せて展示されていた。尚、国内での発売は未定。

参考出品のMTB/e-bike Photo: Satoshi MURATA

 サイクリストの要望に応えるつくりが特徴で、アクセサリーのブランドとしても人気の高いSCOTT。種類の豊富なヘルメットやシューズ、ウェアの他、バックパックも用意。「Trail Lite FR’ 14」は、内容量14リットルとトレイルライドなどに十分なサイズながらポリエステル素材を使用した超軽量なバックパック。上面にはフックを引っかけるタイプのヘルメットホルダーや、ゴムで様々なアイテムを引っかけておけるループ、雨天用レインカバーなど、装備の内容と使いやすさが人気だという。

軽いツーリングにちょうど良いサイズの軽量バックパック「Trail Lite FR' 14」 Photo: Satoshi MURATA
種類も豊富で使いやすいアクセサリーラインナップ Photo: Satoshi MURATA

関連記事

この記事のタグ

スコット(SCOTT)のロードバイク

スコット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載