大会・イベント情報2017ビンテージバイクで巡る南房総「フェッロ・マリ・エ・モンティ」10月29日開催

  • 一覧

 千葉県南房総の秋の田園風景を、ビンテージバイクで巡るサイクリングイベント「FERRO Mari e Monti in Boso 2017」(フェッロ・マリ・エ・モンティin房総2017)が10月29日に開催される。スチールバイクやアルミバイク、さらにビンテージファッションで参加するサイクリングイベントで、コースの一部にはグラベルロードも組み込まれる。南房総の風景やグルメを味わいながら、古きよき時代のサイクリングスタイルを楽しめる。

コースの一部にダートが含まれ、古きよき時代のサイクリングスタイルを楽しむ ©Rocky, rinproject

田園風景のなかを疾走

 フェッロ・マリ・エ・モンティは今年で3回目の開催を迎え、大会名はイタリア語の「鉄」(フェッロ)、「海」(マリ)、「山」(モンティ)に由来する。スチールバイクに乗りながら、海と山を楽しむというコンセプトを表す大会名だ。

 鋸山がそびえる金谷港に隣接する金谷美術館(富津市)をスタートし、房総半島の田園風景の中を疾走しながら、東京に一番近い棚田「大山千枚田」経由で賀茂川にあるグラベルロード、東京湾と富士山を望む勝山海岸を含むコースが楽しめる。

第1エイドステーション、絶景が楽しめる大山千枚田 ©Rocky, rinproject
海の景色も楽しめるコース設定 ©Rocky, rinproject
房総半島魅惑の風景 ©Rocky, rinproject

 コースは2つ。ゆっくりと南房総の景色を楽しみたい人のため65kmの「大山千枚田コース」(獲得標高約850m以下)と本格的に長い距離を走りたい人のため99kmの「南房総山岳コース」(獲得標高1200m以上)を用意。イベントは田園風景と伝統を重んじるため、エイドステーションには、指定文化財の寺や地元の道の駅で秋の実りと郷土料理を堪能できる。コースクリエーターはモデルでエッセイストのマルコ・ファヴァロさん。

秋の景色の中で疾走するライダーたち ©Rocky, rinproject
秋の風景がコースに広がる ©Rocky, rinproject

初参加ならカーボンもOK

秋の朝の光で輝くビンテージバイク ©Rocky, rinproject

 世界的に盛り上がりを見せるビンテージバイクとクロモリバイクを対象としたイベントは、イタリア生まれのサイクリングスタイル。グラベルロードを含む田園風景の中を走ることで、アスファルトのない時代の道を走る楽しさを再発見する。そしてダブルレバーがついている自転車に乗れば、かつての自転車の操作性を再確認し、自転車という乗り物の進歩を肌で感じられる。さらにウールジャージ、革靴、カスクなどファッションもビンテージ風でそろえるとタイムスリップした気分が味わえる。

 参加が認められている自転車は、1987年までに製造・販売されたものと、1988年以降のスチールフレームとアルミフレームの自転車。今年から初参加の人ならカーボンバイクでの参加も可能だが、最低でも1点のビンテージウエアの着用が必要だ。

スタート会場でビンテージパーツマーケットが行われている ©Rocky, rinproject
参加者が増えた第2回大会 ©Rocky, rinproject

 コース上には約20km間隔でエイドステーション(AS)を設置。大山千枚田では地元のブランド米、長狭米のおにぎりが提供され、道の駅みんなみの里では地元の牛乳で作ったアイスが味わえる。地元の野菜も販売され、ASで購入してもゴールまで運んでくれるサービス付き。そして終盤には歴史のある寺でスイーツが楽しめる。どの寺も数百年の歴史を超えるもので、文化財として指定された彫刻も拝める。

 各コースには回収カーが付く。メカトラブルなどにより自転車が走れなくなった場合も、回収カーがサポートするので安心して走れる。

エイドステーションは地元の素材にこだわる ©Rocky, rinproject
第3エイドステーション、勝善寺。歴史のある寺の前で休息 ©Rocky, rinproject
前夜祭で行われるお楽しみ抽選会 ©Rocky, rinproject

 ビンテージの世界に興味のある人のために、ライド前日の28日には、地元ボランティアによる金谷港を中心としたサイクリングイベント「金谷サイクリング探検」(ライド参加者対象、先着順)、ドキュメンタリー上映会「ジロ・ディタリア1960」や、ビンテージ自転車を知るための様々な講演会などが開催され、一層ビンテージの魅力に浸ることができる。夜は、生演奏を聞きながら地元で採れた新鮮な魚が楽しめる前夜祭も開かれる。

前夜祭に参加したビアンキファンチーム ©Rocky, rinproject
前夜祭は大人が楽しめる豪華なメニュー ©Rocky, rinproject

FERRO Mari e Monti in Boso 2017

【開催日】2017年10月28日(土)、29(日)
■会場:千葉県富津市金谷美術館前
大山千枚田コース:金谷港~大山千枚田~賀茂川地区~みんなみの里~二部グラベル~勝善寺から勝山海岸~金谷港(65㎞)
南房総山岳コース:金谷港~大山千枚田~賀茂川地区~みんなみの里~山名地区~智蔵寺~二部グラベル~勝善寺から勝山海岸~金谷港(99㎞)
■参加費:大山千枚田コース:7,000円、南房総山岳コース:8,000円(いずれも女性・学生2,000円割引)、前夜祭:5,400円~
■主催:フェッロ・マリ・エ・モンティ実行委員会
■後援:在日イタリア大使館、富津市

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載