スマートフォン版はこちら

キャンペーンや動画で啓発活動“ながらスマホ”撲滅へ au損保などが「自転車安全・安心プロジェクト」開始

  • 一覧

 KDDI、ナビタイムジャパン(ナビタイム)、au損害保険(au損保)の3社が、自転車ながらスマホの撲滅と、高額賠償への備えについて意識向上を図る「自転車安全・安心プロジェクト」を、秋の全国交通安全運動に合わせ9月21日から開始した。プロジェクトでは啓発動画「STOP!自転車ながらスマホ」を公開。また、ナビタイムの「自転車NAVITIME」アプリを利用して「ながらスマホしない運転」で5km走行しアンケートに回答すると、先着5000人にコーヒーがプレゼントされる「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」が実施される。

「自転車安全・安心プロジェクト」による「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」 ©KDDI

動画やイベントで啓発

 自転車安全・安心プロジェクトでは、啓発動画「危険!自転車ながらスマホ」を公開。自転車ながらスマホの危険性を認識してもらうための動画として、ホームページやイベントで活用していく。また9月23、24日に名古屋市で開催される「メ~テレ秋まつり2017」に、自転車安全・安心プロジェクトに関するブースを出展予定。

音声ナビゲーションで目的地へ

 キャンペーンに参加するには、「自転車NAVITIME」アプリをインストールし、目的地を設定後、スマホ画面をロック状態でアプリの音声ナビゲーションを頼りに自転車で5km走行。目的地到着後にアンケートに回答すると、全国のローソンで利用できるMACHI cafeドリンクのギフトURLが配信される。

 「自転車NAVITIME」アプリは毎月10kmまで音声ナビゲーションを無料で利用でき、上限を超える利用については月額料金が発生する。キャンペーンは5km走行が条件のため、無料で参加できる。期間は10月31日まで。

参加方法

1. 「自転車NAVITIME」アプリを「App Store」もしくは「Google Play」「auスマートパス」からダウンロード。
2. アプリを起動し、左上のメニューから「キャンペーン」を選択。キャンペーンページに移動し、「アプリ最新バージョンでキャンペーンに参加」をタップ。
3. アプリ上で出発地、目的地を入力し、画面をロック状態にして自転車走行を開始。
4. 5km走行したことをアプリが判定すると(注)、目的地到着時に目標距離達成の ポップアップを表示。
5. アプリのメニューから再度「キャンペーン」を選択し、アンケート画面から自転車利用に関するアンケートに回答すると、後日、au損保からメールでローソン MACHI cafeのギフトURLが配信される。
 
(注)走行中に画面ロックを解除すると、計測は中断されますが、画面を再度ロックすると計測も再開されます。複数回に分けて走行した場合でも、距離は加算されます。

■「自転車NAVITIME」アプリ

App Store

Google Play

auスマートパス

広がる自転車保険の加入義務化

 自転車事故の全体件数は減少傾向だが、対歩行者や自転車同士の事故の割合は増加傾向にある。また、2013年には自転車事故を起こした少年の母親に9521万円の賠償を命じるケースが発生するなど、自転車利用による高額賠償事故が社会問題化している。これらの問題を踏まえ、被害者の保護、および加害者の経済的負担を軽減すべく、2015年10月の兵庫県を皮切りに、自治体による自転車保険の加入義務化の動きが広がっている。2017年10月には、名古屋市、鹿児島県で自転車保険の加入義務化、福岡県で自転車保険の加入が努力義務化される予定だ。

 そこで「自転車安全・安心プロジェクト」では、「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」や、啓発動画「危険!自転車ながらスマホ」の制作、地域イベントでの啓発活動などを実施し、自転車利用の安全と安心に関する意識の啓発に取り組んでいく。

関連記事

この記事のタグ

au損保 キャンペーン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載