スマートフォン版はこちら

2位ログリッチェ、3位はフルームデュムランが圧倒的なタイムで男子エリート個人TT初制覇 UCIロード世界選手権

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 ノルウェーのベルゲンで開催されているUCI(国際自転車競技連合)ロード世界選手権は、男子エリート個人タイムトライアル(TT)が9月20日に開かれ、トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ)が急勾配の上りゴールとなる31kmの難コースを制し、世界選手権で初優勝を飾った。2位はプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ)、3位にはクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)が入った。

UCIロード世界選手権の男子エリート個人TTを制したトム・デュムラン Photo: Yuzuru SUNADA
前年王者のトニー・マルティンは9位に終わった Photo : Yuzuru SUNADA

 ノルウェー南西部、ベルゲンの周回コースで開かれたレースは、1周目はスタート地点までの周回16.1km、2周目は周回コースの途中で丘へ向かうルートを取り、上りフィニッシュとなる14.9kmの変則的なコース設定。最後の上りは約3.4kmで平均9%に達する厳しい勾配で、選手たちはTTバイクから通常のロードバイクに乗り換えるか、そのままTTバイクで上りに挑むかという選択に迫られた。また、有力選手が後半に出走するスタート順のため、ディフェンディングチャンピオンのトニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)が最終走者となった。

 レース後半に有力選手が登場するとネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル、モビスター チーム)が好タイムをマーク。2015年王者のヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ)やジャンニ・モスコン(イタリア)らチーム スカイ勢がオリベイラのタイムに迫るがわずかに届かず、オリヴェイラが暫定トップで後続の選手のフィニッシュを待った。

最後の上りでは大勢の観客が沿道から声援を送った Photo: Yuzuru SUNADA

 雨が降りコーナーでのリスクが高まるなか、抜群の速さを見せ続けたのが最後から2番目のスタートとなったデュムランだった。1周目終了時の途中計測でトップタイムを記録し、最後の上りまでにさらにリードを広げ、27.6km地点では最速タイムだったキリエンカを40秒上回る好タイムで上りへ突入。急勾配ではダンシング、緩やかな区間ではエアロポジションに切り替えるなど、TTバイクを巧みに使いこなした見事な登坂で大差での勝利を飾った。

 多くの選手が最終区間でタイムを失ったなかで、ログリッチェは上りでタイムを稼ぎ銀メダルを獲得した。ほとんどの上位選手がバイク交換でタイムロスするリスクを避けた一方で、ログリッチェはロードバイクを選択した。スムーズに乗り換え、ダンシングを多用しながら快走。上り区間ではデュムランとの差を5秒縮める走りで2位に入った。

2位に入ったプリモシュ・ログリッチェ Photo: Yuzuru SUNADA
3位のクリストファー・フルーム Photo: Yuzuru SUNADA

 また、ツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャのダブルツールを達成したフルームも、登坂力の強さが表彰台につながった。上り口の中間計測では7位だったが、上りで遅れを巻き返した。

 デュムランは、17日に開かれたチームタイムトライアルでも、チーム サンウェブのメンバーとして金メダルを獲得。今大会で2冠を達成した。

男子エリート個人TT表彰式 Photo: Yuzuru SUNADA

■男子エリート個人タイムトライアル(31km)
1 トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ) 44分41秒
2 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ) +57秒
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +1分21秒
4 ネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル、モビスター チーム) +1分28秒
5 ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、チーム スカイ)
6 ジャンニ・モスコン(イタリア、チーム スカイ) +1分29秒
7 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +1分34秒
8 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +1分37秒
9 トニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) +1分39秒
10 ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコヴィツェ) +1分43秒

関連記事

この記事のタグ

UCIロード世界選手権2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載