広がるシェアリングエコノミー物や場所を上手に貸し借り スマホで手軽に利用、自転車や荷物置き場

  • 一覧
福岡市の宿泊施設にある自転車置き場

 ITを活用して物や場所の貸し借りを仲介するサービスが人気だ。利用者はスマートフォンなどを使って手軽に、自転車のレンタルや荷物の預かりといったサービスを受けられる。シェアリングエコノミー(共有型経済)の一つとして注目され、訪日外国人にも好評で、観光と絡めた地域活性化につながりそうだ。

 シェアサイクルのサービスを手掛けるコギコギ(東京)は東京、京都、福岡の都市部を中心に電動アシスト自転車を貸し出している。商業施設やホテルなど計約30カ所で、利用者は自転車を借りたり返却したりできる。毎年利用者が増加、半数が訪日外国人だ。スマホのアプリで鍵の施錠ができ、自転車の管理に必要な人手がかからない。外国人向けに英語表示もある。料金は12時間以内の利用で2268円。一定の月額で利用できる法人プランもある。

 中島幹彰社長は「地方にもサービスを拡大したい。移動手段が少ない場所での自転車は有効で、地域活性化にもつながる」と話す。

 エクボ(東京)は飲食店や美容室、カラオケ店などと提携、スーツケースやベビーカーなどを預けられるサービス「エクボクローク」を手掛ける。ウェブ上で会員登録すれば利用できる。料金は、小型の荷物で1日300円、大型は600円。

 飲食店などが空きスペースを荷物置き場として提供、運営するエクボと利用料を分け合う。破損などに備え、同社が保険に加入している。

 利用者は荷物を置きたい場所を探して予約、空きロッカーを探し回る必要がない。東京、京都、大阪、福岡、沖縄で展開しており、今後もエリアを拡大し提携する店舗を増やす。

 工藤慎一社長が渋谷で訪日外国人に尋ねられ、長時間、一緒にロッカーを探した経験からサービスを思い付いた。「街中でロッカーが不足している現状がある。費用をかけずに空きスペースを有効利用できればと考えた」と話す。

 利用者からは「確実に荷物を預けられる」との声が寄せられ、店からは「空いた空間で副収入が得られ、ついでにカフェを利用するお客さんの増加にもつながっている」と好評だ。

【用語解説】シェアリングエコノミー
個人などが使用していない所有物を他の人に貸し出し有効活用する仕組み。一般住民が観光客を有料で泊める「民泊」を含め、さまざまなビジネスが広がっている。

SankeiBizより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載