スマートフォン版はこちら

新製品情報2017アレックスリム「ALX473 EVO」が登場 新設計ハブで進化した高コスパアルミホイール

  • 一覧

 ホイールブランド「ALEXRIMS」(アレックスリム)から、高コストパフォーマンスのオールラウンドアルミホイール「ALX473」のリニューアル版、「ALX473 EVO」が11月上旬に発売される。新設計ハブの採用で剛性と回転性能をアップさせた。

ALEXRIMS ALX473 EVO © ALEXRIMS

 2017モデルで発売されたALX473は、30mmハイトのアルミホイール。独自開発のリム専用特殊アルミ合金「EXA」を使用し、これを2:1スポークレースで組むことでスポークテンションを最適化。5万円を切る価格ながら、ペア1400g台の重量を実現。同時に高バランスの走行性能を備えて好評を博している。

 進化版となるALX473 EVOでは、ホイールの基本設計やリム、スポークは従来のALX473を踏襲しながら、ハブを自社設計・製造の新型にリニューアル。ハブの大径化とワイド化により剛性を向上させつつ、リアハブには4つのシールドベアリングを搭載し、滑らかな回転と耐久性を両立した。

新設計のハブはフランジのスポーク穴PCDが、フロントハブで7mm、リアハブはドライブサイドで5mm、ノンドライブサイドで2mm大径化。さらにリアハブは左右フランジ間距離が6mmワイドに © ALEXRIMS
独自開発のリム専用特殊アルミ合金「EXA」は高い強度と剛性が特徴。リムのブレーキ面は切削加工。軽量で薄いPillar社製エアロスポークを採用している © ALEXRIMS

■ALEXRIMS ALX473 EVO
税抜価格:47,000円
リム:EXAアルミ合金 チューブレスレディ対応、高さ30mm、幅22mm
ホール:フロント20H、リア24H
シールドベアリング:フロント 2個、リア 4個
アクスル:7075アルミ合金製(フロント 100mm、リア 130mm)
対応カセット:シマノ、スラム 8/9/10/11S
参考重量:1460g
付属品:クイックリリース、スプロケット用スペーサー(8/9/10S用)

関連記事

この記事のタグ

ホイール|サイクルパーツ商品一覧

アレックスリム サイクルパーツ ホイール ロードバイク系パーツ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載