スマートフォン版はこちら

アプリで簡単レンタル可能メルカリがシェアサイクルに参入 「メルチャリ」を2018年スタート

  • 一覧
「メルチャリ」発表と同時にウェブサイト(https://merchari.bike/)もオープンした

 フリマアプリ「メルカリ」などで知られるメルカリが9月7日、「メルチャリ」の名称でオンデマンドサイクルシェア事業に参入することを明らかにした。2018年初頭のサービス開始を目指す。

 スマートフォンなどのアプリを使って、街中にあるシェアサイクルを探して簡単にレンタルし、目的地近くの好きな場所で乗り捨てが可能。海外で急速にシェアを伸ばし、先月日本でも札幌市でサービスを開始した「Mobike」(モバイク)と同様の、新世代のスマートタイプシェアサイクルだ。

 展開エリアは都市部から開始し、順次拡大していく予定。すでにサービス提供開始に向け、複数の地方自治体や企業と、連携の交渉を開始しているという。

 メルカリでは、フリマアプリ「メルカリ」や地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」の開発・提供を通じて、あらゆるモノ・サービス等の資源の有効活用を促進する事業を展開。メルチャリはシェアリングエコノミーのさらなる促進を目指した事業となる。

 現在メルカリでは、各種ソフトウェア、ハードウェアの開発者、また地方自治体や企業のパートナーを募集している。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載