スマートフォン版はこちら

2017年の走り納めは「モリコロパーク」で!入門ライダー向けのエンデューロ 「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」が12月17日に開催

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 今年で第4回となるエンデューロイベント「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」が、12月17日に愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催される。複数カテゴリーにわたって行われるエンデューロのほか、キッズスクールやショー、ホストを務めるUCIコンチネンタルチーム「キナンサイクリングチーム」の2018年シーズン体制発表など、多彩な催しを予定。エンデューロ参加は、9月16日から第1次エントリーが始まる。

今年で4回目を迎える「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」。現役プロライダーとともに2017年の走り納めをしよう(写真は2016年開催時) Photo: Syunsuke FUKUMITSU

スキルや体力、興味に応じて選べるエンデューロ種目

 「入門ライダー向け」をコンセプトに、2014年に初開催されたヴェロフェスタ in モリコロパーク。年末に行われるイベントとあって、「走り納めはモリコロパークに集まろう!」が合言葉だ。数少ない冬場のエンデューロというのも、ライドイベント好きのモチベーションを煽る効果が絶大だ。

綺麗に整備されたモリコロパーク内のサイクリングコース。多種多様なコースが選手たちを待ち受ける(写真は2016年開催時) Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 モリコロパーク内には全長約5kmのサイクリング専用コースが設けられ、高速コーナーからヘアピンまで多種多様なコーナーがあり、スピード感のあるエキサイティングな走りが体験可能。

 そんな魅力満載のコースで行われるエンデューロは、走行時間が60分または120分、カテゴリーはソロまたはペアが設定されており、走行スキルや体力、興味などに応じてチョイスすることができる。

招待プロ選手の先導のもと、安全な走行を心がけよう(写真は2016年開催時) Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 なかでも「ペアエンデューロ」は、ヴェロフェスタ独自の種目。基本的なチームエンデューロはリレー形式だが、ペアエンデューロはライダー2人が同時にスタートし、それぞれが記録した周回数を合計して競う。例えば、1人が60分間に5周回走り、もう1人が6周回走ったとするなら、合計11周がチームの記録となる。

 レースやイベント経験の浅いビギナーでも安心して走行できるよう、招待ライダーがコースを先導してくれるのもうれしい。キナンサイクリングチームをはじめとする国内プロ選手のほか、女性ロードチームユニット「ちゃりん娘」も参戦予定。誰でも気兼ねなく楽しむことのできるイベントだから、その思い出はサイクリストにとって最高のクリスマスプレゼントとなるはずだ。

ヴェロフェスタ2017 in モリコロパーク

■開催日:2017年12月17日(日)
■会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)サイクリングコース(愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1)
■エントリー:第1次 9月16日~11月15日、第2次 11月16日~30日(参加枠に空きがある場合のみ)
■カテゴリー:ソロ男子、ソロ女子、ペア男子、ペア女子、ペア男女
■走行時間:60分または120分
■募集定員:60分、120分ともに全5カテゴリーの出走者合計300人
■その他:使用バイクの制限はないが、ブルホーンハンドル付きのバイクやピストバイクでの出走は不可

■問い合わせ:ヴェロフェスタ実行委員会
■大会ウェブサイト:https://morikoro-velofesta.jimdo.com/

キナン2018年シーズン体制発表会を実施

キッズスクールの講師はキナンサイクリングチームの選手が務める(写真は2016年開催時) Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 当日会場には、スポンサー各社のブースのほか、軽食コーナー、HAROの子供用ランニングバイクを使ったキッズスクール、愛知県の郷土芸能「棒の手」演舞、ジテンシャ活動家・おかっぴさんによるマウンテンバイクショーなど、盛りだくさんのイベントが予定される。キッズスクールでは、キナンサイクリングチームの選手たちが講師を務める。

 また、エンデューロ終了後には、サイクリングコースがニューバイクの試乗会として開放される。

 そして、イベントの締めくくりにはキナンサイクリングチームが2018年シーズンの体制発表会を行う。昨年は引退・退団選手の挨拶に始まり、今シーズンの陣容をお披露目。その顔触れから大きな驚きに包まれたが、今年もサプライズに会場がどよめくことが予想される。

イベントの最後にはキナンサイクリングチームの2018年体制発表会を予定。新旧メンバーがそろう、二度とない機会だ(写真は2016年開催時) Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 参加申し込みなどの詳細はウェブサイトを参照されたい。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載