スマートフォン版はこちら

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第13ステージ大集団スプリントを制したトレンティンがハットトリック クイックステップ5勝に貢献

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージは9月1日、コインからトマレスまでの198.4kmで争われ、大集団スプリント争いを制したマッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)が優勝した。トレンティン自身は今大会3勝を上げる「ハットトリック」を達成し、クイックステップフロアーズは5勝を挙げている。また、マイヨロホはトップとタイム差なしの7位でゴールしたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)ががっちりキープ。昨日の落車の影響を感じさせない走りをみせた。

今大会3勝目を挙げたトレンティン Photo: Yuzuru SUNADA

 第12ステージは、平坦コース。久し振りにピュアスプリンター活躍の場が訪れる。カテゴリー山岳はスタート直後の3級山岳のみ。序盤、アップダウンがあるものの約75km以降は下りとほぼ平坦となっている。この後待ち受けているのは、山岳ステージとタイムトライアル。今ステージがピュアスプリンターにとって最後のチャンスと言っても過言ではない。

山岳賞ジャージ着用のヴィレッラが3級山岳を1位通過

 レースは平坦ステージらしく、早々に逃げが決まる。逃げメンバーは、アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシングチーム)、アレクシー・グジャール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール)、ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック)、トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)、アルノー・クールテイユ(フランス、エフデジ)の5人。メイン集団は、スプリンター擁するロットNL・ユンボ、クイックステップフロアーズ、またフルーム擁するチーム スカイがコントロールしていた。

逃げ続けたデヘントが敢闘賞獲得 Photo: Yuzuru SUNADA

 27.2km地点、今ステージ唯一のカテゴリー山岳を山岳賞ジャージ着用のヴィレッラが1位通過する。資金難によりクラウドファンディングを実施しているキャノンデール・ドラパック。山岳ジャージ獲得でチームをアピールする狙いも感じられた。このポイントを獲得するとヴィレッラはメイン集団と合流。明日からの山岳ステージに備え、脚を休めているようだった。その後、レースは先頭4人とメイン集団で展開。一定のペースを保ちながら進んでいく。

 残り25km地点、グジャールとクールテイユが遅れる。さらにそこからデマルキが遅れ、デへントの一人旅に。徐々にメイン集団との差も縮まり15km地点になると1分を切る。そして、7km地点でとうとうメイン集団がデヘントをキャッチ。集団スプリントに向けて各チーム位置取りを始める。

終盤まで人数を残したクイックステップがチーム力を発揮

 ゴールまで残り3km、ここから僅かな上りが始まる。集団は、スプリンター・トレンティン擁するクイックステップフロアーズのユンゲルス(ルクセンブルク)が牽引していた。途中、チーム サンウェブがアタックを仕掛けるもののすぐに吸収。ユンゲルスがアラフィリップ(フランス)とトレンティンを牽き続ける。

この日も伸びのあるスプリントをみせたトレンティン Photo: Yuzuru SUNADA

 残り1kmでアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)がクイックステップトレインの右から抜け出す。同時に、ユンゲルスは仕事を終えて離脱。ルツェンコ、アラフィリップ、ミヒャエル・シュヴァルツマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)、トレンティンという並びになる。

 直後にアラフィリップがアタック、トレンティンを発射する。カーブを曲がった直線で各選手が一斉にスプリントを開始。ジャンニ・モスコン(イタリア、チーム スカイ)やシュヴァルツマンなども踏み続けるが、抜け出したのはトレンティン。今大会何度も見せてきた伸びのあるスプリントで、今大会3度目の勝利を手に入れた。

 明日からは厳しい山岳ステージに突入。今日静かに走っていた総合上位勢による激しいバトルが予想される。

トレンティンはポイント賞ジャージもキープ Photo: Yuzuru SUNADA

第13ステージ結果
1 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) 4時間25分13秒
2 ジャンニ・モスコン(イタリア、チーム スカイ) +0秒
3 ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、チーム サンウェブ) +0秒
4 ミヒャエル・シュヴァルツマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +0秒
5 トム・ヴァンアスブロック(ベルギー、キャノンデール・ドラパック) +0秒
6 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +0秒
7 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +0秒
8 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +0秒
9 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +0秒
10 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム) +0秒

個人総合(マイヨロホ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 53時間48分6秒
2 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +59秒
3 エスデバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) +2分13秒
4 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +2分17秒
5 ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ) +2分23秒
6 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) +2分25秒
7 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +2分37秒
8 マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック) +2分41秒
9 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +3分13秒
10 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +3分58秒

ポイント賞(プントス)
1 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) 103 pts
2 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 84 pts
3 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 63 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック) 41 pts
2 ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム) 27 pts
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 21 pts

複合賞(コンビナーダ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 6 pts
2 エスデバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) 23 pts
3 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 28 pts

チーム総合
1 アスタナ プロチーム 160時間55分30秒
2 モビスター チーム +17秒
3 チーム スカイ +6分44秒

敢闘賞
トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ブエルタ2017・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載