国府田正司の「もう1つのツール」 stage10いよいよ旅の最終行程 徳島ラーメン・讃岐うどんを食べて強風にめげずに進め

  • 一覧

 ※ネットカフェを巡る日本縦断自転車旅行「ツール ド ネットカフェ2012」に挑戦している“コーチャン”こと国府田正司さんによる連載です。
これまでの「国府田正司の『もう1つのツール』」

◇      ◇

「麺王」にて、甘く煮た豚バラ肉が特徴の徳島ラーメン「麺王」にて、甘く煮た豚バラ肉が特徴の徳島ラーメン

 今年の5月から、半年間に渡り実施してきた「ツール・ド・ネットカフェ」も、今回の行程で最後である。11月27日〜29日の3日間で四国3県を巡り、走行距離は380kmを見込んでいる。回を重ねるごとに1日の走行距離が伸びているのは、長く走れる体力と自信がついてきたから。

 11月27日、前日夜に入った徳島からスタート。徳島市内のネットカフェで営業活動をした後、国道11号線を北上し、香川県高松市を目指す。気温は10℃強。冷え込んでいるわけではないが、折からの前線の影響により非常に風が強い。しかも向かい風である。

 道路上にある気象情報表示板によると「徳島県・香川県に強風注意報」とのこと。どこかで風向きが変わればいいのだが、進めど進めどひたすら向かい風、よくて横風であった。平地では一生懸命にこいでものんびりサイクリングのようなペースで、緩い上り坂に差し掛かるとみるみる減速してしまう。播磨灘の美しい風景だけが救いである。

荒れ模様でも美しい播磨灘=徳島県荒れ模様でも美しい播磨灘=徳島県
「まるちゃん」のかしわ天ざるうどんとおでん「まるちゃん」のかしわ天ざるうどんとおでん

 35kmほど走ると香川県に入った。言わずと知れたうどん県。うどんのために昼食は摂らず、1時間おきに薄皮アンパンを1つ食べるのみにしていた。東かがわ市を走行中、うどん屋さんを発見。「うどんや まるちゃん」というお店だ。

 14時を過ぎていたためか、客は私1人だけ。温かいものを食べたかったが、オススメの「かしわ天ざる」を注文した。冷たいうどんにした分、セルフサービスのおでんで暖をとる。胸肉を使っていると思われるかしわ天は、弾力と柔らかさのバランスが絶妙。うどんのしっかりとしたコシにマッチして、ボリューム・味ともに満足だった。

「戦」のエントランスでは甲冑がお出迎え「戦」のエントランスでは甲冑がお出迎え

 本場の讃岐うどんで体力と精神力を回復させ、再び高松市を目指す。相変わらず向かい風であるが、日が西に傾くとともに風はおさまっていった。暗くなり始めたころ、この日2店舗目のネットカフェ「戦」(いくさ)に到着。源平合戦にちなんだ店名なのだそうだ。

 実際、那須与一が扇の的を射抜いた「屋島の戦い」で有名な屋島が、お店のすぐ近くにある。もっとも、最近では「アニメで使われた“ヤシマ作戦”の元ネタ」と言ったほうが通りはいいかもしれない。

 仕事を終え、店を出たのが19時過ぎ。この頃にはすっかり風は止んでいた。このまま、明日も穏やかでありますように。シメには、「戦」の店長オススメのうどん屋「鶴丸」でカレーうどんを、ズルズルと食べるのであった。(つづく)

◇      ◇

「セオフェス」で落車に巻き込まれたのは、位置取りが甘いせい。精進します「セオフェス」で落車に巻き込まれたのは、位置取りが甘いせい。精進します

 この旅の2日前、千葉県成田市のフレンドリーパーク下総で行われた「セオサイクルフェスティバル2012」レースに出場をした。毎年参加しているレースだが、今回はツール・ド・ネットカフェのジャージを身にまとい「NC Japanのコーチャン」としてエントリーした。

 会社と企画を背負ってレースに出る以上、優勝するしかない…そう意気込んでいたものの、結果は散々。最終周の集団落車に巻き込まれてしまい、心と身体の痛みを抑えながら、ゴールまでの数十メートルを自転車を担いで全力疾走するというありさま。いい位置で周回できていただけに、非常に残念。

 幸い怪我は軽く、擦過傷数カ所と打撲のみ。自転車の方は…フレームが無事だったので善しとする(もちろん、旅で使っている自転車とは別)。ともかく、社会人として仕事に穴を開けずに済んだのが、何よりであった。


「ツール ド ネットカフェ2012」公式サイト

国府田正司国府田正司(こうだ まさし)
2008年よりダイエットのためロードバイクに乗り始め、現在では実業団レースなどへ積極的に出場。オンラインゲーム会社「NC Japan」社員。日本全国のインターネット・カフェを巡る企画を思いつき、単身、自転車旅に出る。好きなゲームは「タワー オブ アイオン」、好きな補給食はアンパン。特技は愛娘と特訓した「スマイルプリキュア!」ダンス。1977年生まれ、栃木県在住。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

国府田正司の「もう1つのツール」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載