スマートフォン版はこちら

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第12ステージ山岳を独走したマルチンスキーが今大会2勝目 フルームは2度の落車でリード縮小

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージは8月31日、モトリルからアンテケラ.ロス・ドルメネスまでの160.1kmで争われ、後半の山岳区間で抜け出したトーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・ソウダル)が今大会2度目のステージ優勝を挙げた。総合首位のマイヨロホはクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がキープしているが、下りで2度の落車。ライバルから遅れてフィニッシュしたことで、リードが縮小した。

逃げ切りでブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージを制したトーマス・マルチンスキー Photo: Yuzuru SUNADA

アクアブルースポーツのチームバスが放火される

放火されたアクアブルースポーツのチームバス(写真はチームのツイッターから)

 このステージの前夜、今大会に出場しているアクアブルースポーツのチームバスが放火される事件が発生。バスはほぼ全焼。幸い、選手・チームスタッフにけがはなかったが、第12ステージへの出走が危ぶまれる事態となった。

 事件が起きたのは、現地時間31日午前1時20分頃。バス後部に置かれていたマットレスから火が燃え広がったと見られている。犯人はすでに警察によって逮捕されていることをチームは発表している。

 なお、チームと主催者ウニプブリクは今後の対応を協議していくことを明らかにしている。第12ステージ出走に関しては、代替バスを手配。今後はチームバスと同等の機能を有するキャンピングカーを調達するなどして、レースを継続していくことを表明。他の出場チームからの協力・支援の申し出も相次いでおり、3週間戦い抜くための環境を整えつつある。

14人の逃げをメイン集団が容認

 そんな騒ぎの中でスタートを切ったレースは、序盤からハイペースで進行。一時はプロトンが大きく2つに分かれる時間帯があるなど、激しさを増した。逃げが決まったのは、スタートから約55kmを走ったあたり。マルチンスキーら14人が先行した。

海沿いを走るプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

 メイン集団は逃げグループのリードを容認。徐々にその差は開いていき、最大で約9分差となる。

 レースが半分を過ぎると、山岳地帯へと進路を変える。1級山岳プエルト・デル・レオン頂上通過後の下りでは、ミケル・モルコフ(デンマーク、カチューシャ・アルペシン)が先行する場面があったが、下り終える頃には他の逃げメンバーも合流。そのまま、この日最後の上りとなる2級山岳プエルト・デル・トルカルへと向かった。

 この上りに入って早々にスタフ・クレメント(オランダ、ロットNL・ユンボ)がペースを上げ、逃げグループを崩壊。マルチンスキーのほか、ブレンダン・カンティ(オーストラリア、キャノンデール・ドラパック)、オマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ)が続く。さらには、パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)とホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム)も合流する。

逃げグループから抜け出し独走に持ち込んだトーマス・マルチンスキー Photo: Yuzuru SUNADA

 その直後、カンティがペースアップしたのを機に、マルチンスキーがカウンターアタック。ここまで一緒に逃げてきた選手たちを振り切って、独走態勢へと持ち込んだ。

 そのまま頂上を通過したマルチンスキーは、後続に1分のリードを得て17.7km先のフィニッシュを目指す。快調に下るマルチンスキーの一方で、追う選手たちの中でカンティがガードレールを超えてコース外へと投げ出されたほか、ポリャンスキーは前輪がパンク。トラブルが相次ぎ、先頭復帰を難しい状況となった。

 最後までペダリングに衰えが見られなかったマルチンスキー。3選手による争いを制した第6ステージに続く今大会2勝目は、他を寄せ付けない完勝となった。

2級山岳でコンタドールがアタック フルームは2度の落車

 一団のままゆったりと進んでいたメイン集団だったが、その様相が変化したのは2級山岳プエルト・デル・トルカルの入口。前日大きく遅れ、総合順位を落としていたニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム)がアタックすると、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)がチェック。集団はチーム スカイを先頭に、テンポを上げつつも2人をそのまま先行させる。

メイン集団から飛び出したアルベルト・コンタドール Photo: Yuzuru SUNADA

 やがてロッシュが脱落し、コンタドールが単独で集団に対してリードを広げていく。一時は40秒近くリードしたが、集団もその差を見て本格的にコントロール。頂上に到達する頃には17秒差にまで縮めた。

 下りに入ったコンタドールは、逃げグループから降りて前待ちをしていたエドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)に合流。両者は先頭交代を繰り返しながら、猛然とダウンヒル。

 コンタドールとの差を詰めたいメイン集団では、マイヨロホのフルームにアクシデントが発生。左コーナーで落車し、バイクが破損。交換して再スタートを切ったが、直後の右コーナーでまたしても落車。集団はバーレーン・メリダ、チーム サンウェブ、アスタナ プロチームなどのアシストがペースを上げる。フルームは、ミケル・ニエベ(スペイン、チーム スカイ)とワウト・プールス(オランダ、チーム スカイ)の力を借りて、懸命の追走。

アルベルト・コンタドールはフィニッシュするやいなや後続との差を確認する Photo: Yuzuru SUNADA

 それぞれの思惑が飛び交った総合上位陣は、まずコンタドールがフィニッシュへとやってきた。残り3kmでトゥーンスが力尽きると、最終局面は歯を食いしばっての力走。フィニッシュラインを通過するまで脚を緩めることはなかった。メイン集団はコンタドールから22秒差、さらに20秒差でフルームがフィニッシュした。

 波乱の総合争いは、フルームがマイヨロホを守ったものの、総合2位につけるヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)との差は59秒となっている。

2度の落車によってライバルから遅れてフィニッシュしたクリストファー・フルーム Photo: Yuzuru SUNADA

 9月1日に行われる第13ステージは、コワンからトマレスまでの198.4km。スプリント勝負が予想されるが、フィニッシュ直前は上り基調となっており、それがどう影響するか。このステージ以降はハードな山岳が待ち受けていることもあり、数少ないチャンスに賭ける選手たちが動くものとみられる。

第11ステージ結果
1 トーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・ソウダル) 3時間56分45秒
2 オマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ) +52秒
3 ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム) +52秒
4 パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +52秒
5 スタフ・クレメント(オランダ、ロットNL・ユンボ) +52秒
6 ブレンダン・カンティ(オーストラリア、キャノンデール・ドラパック) +1分42秒
7 アントニー・ペレス(フランス、コフィディス) +2分50秒
8 ヤン・ポランツェ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) +2分50秒
9 アンドレアス・シリンガー(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +2分50秒
10 ダビ・アロヨ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA) +3分0秒

個人総合(マイヨロホ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 49時間22分53秒
2 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +59秒
3 エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) +2分13秒
4 ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ) +2分16秒
5 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +2分17秒
6 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) +2分18秒
7 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +2分37秒
8 マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック) +2分41秒
9 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +3分13秒
10 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +3分51秒

ポイント賞(プントス)
1 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) 78 pts
2 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 75 pts
3 パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) 58 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック) 38 pts
2 ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム) 27 pts
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 21 pts

複合賞(コンビナーダ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 6 pts
2 エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) 24 pts
3 ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム) 27 pts

チーム総合
1 モビスター チーム 147時間36分48秒
2 アスタナ プロチーム +2分49秒
3 チーム スカイ +9分40秒

敢闘賞
オマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ)

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ブエルタ2017・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載