スマートフォン版はこちら

全世代が参加できる自転車の祭典へジャパンカップ「ユースロードレース」が10月7日、「キックバイク大会」が14日に初開催

  • 一覧
ユースロードレースはジャパンカップでも使用されているコースの一部を採用 =2015年10月18日 Photo: Naoi HIRASAWA

 10月20日~22日に開催されるアジア最高位の自転車ワンデーロードレース「2017ジャパンカップサイクルロードレース」では、大会を盛り上げる「ジャパンカップ 輪都(りんと)宇都宮プロジェクト」として、10月7日に小学4年~中学3年生を対象とした「ジャパンカップ ユースロードレース」を、宇都宮市森林公園駐車場をスタート・ゴールに初開催。14日には未就学児を対象とした「キッズコーポレーション プレゼンツ ジャパンカップキックバイク大会」を宇都宮市中心部のオリオンスクエアで初開催する。

「ジャパンカップ キックバイク大会」イメージ写真 © JAPAN CUP

 昨年から日本自転車競技連盟と全国高体連自転車競技専門部の公式・公認レースとなった高校生の「ホープフルクリテリウム」、一般自転車愛好家がロードレースコースを体験できる「オープニングフリーラン」、そして「ユースロードレース」と「キックバイク大会」が加わり、ジャパンカップは幼児から大人まで、全世代が参加して楽しめる自転車の祭典となった。また、ジャパンカップの2週間前にユースロードレース、1週間前にキックバイク大会を開催することにより、大会開催への機運を盛り上げる。

 ユースロードレースの会場では、バイクメーカーの最新バイクが試乗でき、初心者から上級者まで楽しめるサイクルフェスタ試乗会が同時開催される。サイクルフェスタは10月7、8日の2日間で午前10時から午後4時まで行われる。また、8日はオフロードバイクスクール(宇都宮サイクルスポーツ推進委員会主催)も開催される。

ジャパンカップ ユースロードレース

【日時】10月7日(土)12:00~13:30(雨天中止)
【コース】宇都宮市森林公園駐車場スタート・ゴール、JAうつのみや城山農協倉庫折り返しの計5.6㎞。
※スタートから折り返し地点までパレードラン。折り返し地点で整列し正式スタート。
(タイム計測は正式スタート~フィニッシュまでの2.8㎞)
【カテゴリー】ユース(中学1~3年の男女) ・キッズ(小学4~6年の男女)※定員は各50名(先着順)
【参加資格】JCF競技者登録者(参加申込時に登録可)
【参加費】2,000円(保険料含む。JCF未登録者は別途、臨時登録料1,000円が必要)
【募集】8月28日(月)~9月24日(日) ※JAPAN CUP公式ホームページのリンクから申し込む
【申込URL】「ジャパンカップ」ユースロードレース詳細ページ
【表彰】各カテゴリー上位6名を表彰。参加賞あり。各クラス上位3名はジャパンカップクリテリウムでのパレードランに参加。
【問い合わせ】サイクルスポーツマネージメント(株) event@blitzen.co.jp

キッズコーポレーション プレゼンツ ジャパンカップキックバイク大会

【日時】10月14日(土)10:00~15:30
【会場】オリオンスクエアおよびオリオン通り(宇都宮市中心部)
【カテゴリー】2歳児は男女混合、3~6歳児は年齢・性別ごと
 ※参加人数によって年齢・性別が混合になる場あり
【参加資格】栃木県内在住の未就学児
【定員】全カテゴリー合計で100名(先着順)
【参加費】1,000円(保険料含む)
【募集】9月3日(日)20:00~14日(木)20:00
【申込方法】「ジャパンカップ」キックバイク大会詳細ページ
【表彰】女児は上位3名、男児と2歳混合は上位6名を表彰。参加賞あり。
【特別協賛】株式会社キッズコーポレーション
【運営協力・問い合わせ】とちキッズCUP実行委員会 tochirunbike@yahoo.co.jp

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載