ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第7ステージ元U23世界王者のモホリッチが逃げ切り勝利 マイヨロホはフルームがキープ

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージは8月25日、リリアからクエンカ.シウダー・パトリモニオ・デ・ラ・ウマニダまでの207kmで争われ、序盤に形成された14人の逃げから、最後はマテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)が独走に持ち込み優勝。グランツール初勝利を挙げた。個人総合争いには大きな変動はなく、メイン集団で終えたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)が首位のマイヨロホをキープしている。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017第7ステージ、独走でフィニッシュへと飛び込んだマテイ・モホリッチ Photo: Yuzuru SUNADA

逃げに入ったボルがバーチャルリーダーに

 今大会最長の207kmで行われたステージは、合計3カ所の3級山岳が登場。フィニッシュ前約14kmのポイントに設けられる関門は、街の中に敷かれた石畳の上り。登坂距離こそ2kmだが、平均勾配が7.2%。路面の荒れ具合も相まって、距離や勾配以上に難易度が高まる。展開次第では勝負どころになる可能性を秘める。

大型の橋を渡るプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

 レースはアクチュアルスタート前に激しい落車が発生したため、しばしのニュートラル状態を経ての幕開け。11km地点までに14人が先行し、逃げグループを形成。チーム スカイが主導権を握ったメイン集団は、逃げメンバーの動きを容認した。

 51km地点と88.7km地点に設けられた3級山岳ポイントは、いずれも逃げグループの中からトマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)が抜け出し1位で通過。その後はメイン集団とのタイム差を広げ、フィニッシュまでの逃げ切りの可能性を高めていく。

 やがて、逃げとメイン集団とのタイム差が9分を超える。先行する14人の中で、総合タイム差8分55秒でスタートしたイェツェ・ボル(オランダ、マンサナ・ポストボン)がバーチャルリーダーとなり、このステージを終えてのマイヨロホ獲得に期待が膨らむ。

 メイン集団は、チーム スカイのみがコントロールを担う格好。途中、強い横風区間に入るが、明確な仕掛けを見せるチームは現れず、各チームともエースを守りながらフィニッシュを目指す姿勢を貫く。残り100kmを切ってから落車トラブルが発生したが、有力選手はいずれも問題なくレースを進行させた。

逃げグループでレースを進めたアレッサンドロ・デマルキ Photo: Yuzuru SUNADA

 残り22kmとなったところでデヘントのペースアップをきっかけに、アレクシー・グジャール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール)も加速。ここでの抜け出しはならなかったが、逃げグループが活性化する。その直後にモホリッチとアルデマール・レイエス(コロンビア、マンサナ・ポストボン)がスピードを上げると、アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシングチーム)も続く。やがて後続も追いつくが、最後の上りを前にステージ優勝を意識した駆け引きが始まった。

モホリッチがラスト10kmを独走

 この日最後の上りとなる3級山岳を前に、モホリッチとグジャールが抜け出すことに成功。逃げグループが牽制気味となった一瞬のタイミングを見逃さなかった。

 そしてこのステージ注目の上りに入るとグジャールが力尽き、モホリッチが単独先頭に立つ。数選手が約10秒差で追い続けた中から、ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム)がモホリッチに追いつく。頂上を過ぎ、下りに入るとデヘントとパウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)が合流。先頭は4人となる。

クラウチングでダウンヒルをこなすマテイ・モホリッチ。このスタイルが終盤に生きることとなった Photo: Yuzuru SUNADA

 残り10kmとなったところで決定的なシーンが訪れる。終盤に入りたびたびアクションを起こしていたモホリッチが再度のペースアップ。この動きを見合った3人を置き去りにし、少しずつリードを広げていく。下りを得意とするモホリッチは、クラウチング姿勢でペダリングを続け、スピードを上げる。

 勢いのままフィニッシュへとやってきたモホリッチ。その脚は最後まで力強さが失われることがなかった。2012年にはジュニアで、翌2013年にはアンダー23(23歳未満)でロード世界王者に輝いた22歳の有望株が、ついにグランツールで勝利を挙げた。

 モホリッチの逃げ切りを許した選手たちは、16秒差でフィニッシュへ。前日に続き、ポリャンスキーが2位を確保し、ロハスが3位に続いた。また、個人総合首位浮上のチャンスとなったボルは、モホリッチから29秒差の7位。ジャージの行方は、メイン集団のタイム差次第となった。

総合上位陣はいずれもメイン集団でフィニッシュ Photo: Yuzuru SUNADA

 その集団は上りで人数を減らしたものの、総合上位陣は危なげなく残り、あとはフィニッシュを迎えるだけとなった。コントロールは最後までチーム スカイが担い、一団のまま最終局面へ。最終的にモホリッチとのタイム差8分38秒でフィニッシュ。ボルとは8分9秒差とし、フルームのマイヨロホキープが決まった。

 総合成績はフルーム首位、エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)が11秒差の2位は変わらず。その他も大きな変化はなかったが、このステージで健闘したボルがフルームから46秒差の7位に浮上している。

クリストファー・フルームはマイヨロホをキープした Photo: Yuzuru SUNADA

 26日に行われる第8ステージは、エリンからソレット・デ・カティ.コスタ・ブランカ・インテリオールまでの199.5km。最後に控える1級山岳が脅威となる。主催者発表の最大勾配は18%だが、コース取りによってはその勾配が22%にも上るとの情報もあり、5kmにわたる急坂で力の差がはっきりすることだろう。そして、最終局面は2.9kmのダウンヒルとなる。

第7ステージ結果
1 マテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 4時間43分35秒
2 パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +16秒
3 ホセ・ロハス(スペイン、モビスター チーム) +16秒
4 トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) +16秒
5 アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシングチーム) +27秒
6 フローリス・デティエ(ベルギー、ロットNL・ユンボ) +27秒
7 イェツェ・ボル(オランダ、マンサナ・ポストボン) +29秒
8 ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス) +1分21秒
9 アントニー・ペレス(フランス、コフィディス) +1分32秒
10 アルノー・クールテイユ(フランス、エフデジ) +1分32秒

個人総合(マイヨロホ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 27時間46分51秒
2 エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) +11秒
3 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム) +13秒
4 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +30秒
5 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +36秒
6 ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ) +40秒
7 イェツェ・ボル(オランダ、マンサナ・ポストボン) +46秒
8 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +49秒
9 アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +50秒
10 マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック) +1分13秒

ポイント賞(プントス)
1 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) 49 pts
2 パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) 44 pts
3 マテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 43 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック) 38 pts
2 トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) 17 pts
3 ダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAE・チームエミレーツ) 12 pts

複合賞(コンビナーダ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 14 pts
2 エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) 32 pts
3 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム) 42 pts

チーム総合
1 モビスター チーム 82時間39分47秒
2 UAE・チームエミレーツ +2分45秒
3 アスタナ プロチーム +8分27秒

敢闘賞
ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ブエルタ2017・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載