ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第5ステージアスタナのルツェンコが逃げ切り 24歳の若手がグランツール初勝利

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージが8月23日、ベニカシムからアルコセブレまでの175.7kmで争われ、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)が逃げ切り勝利を飾った。またマイヨロホは、逃げを容認したメイン集団にいたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がキープしている。

自身初のグランツール勝利となったルツェンコ Photo: Yuzuru SUNADA

17人の逃げが形成

 第5ステージは、昨日とは打って変わって山岳コース。2級と3級に設定されている4つの峠を越えていく。4つ目の峠をクリアし長い下りを終えると、標高差340m・平均勾配10%・距離3kmの3級山岳が登場。この山の頂上がゴールとなる。

フルームはこの日もメイン集団を安全走行 Photo: Yuzuru SUNADA

 レース序盤に抜け出したのはジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)、マルク・ソレル(スペイン、モビスター チーム)、ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック)、マルコ・ハラー(オーストリア、カチューシャ・アルペシン)、メルハウィ・クドゥス(エリトリア、ディメンションデータ)など9人。そこにメイン集団からブリッジをかけたルツェンコ、アレクシー・グジャール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール)、マテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)、ら数人の選手が先頭集団に追いつく。最初の2級山岳の山頂付近で逃げは17人の大きな集団になった。一方、メイン集団は昨日同様チーム スカイがコントロールしていた。

追走との根比べ 先頭のルツェンコに軍配

 レースが動いたのは125.2km地点、4つ目のカテゴリー山岳の下り。残り50kmで早くもハラーが単独アタックで抜け出した。すかさずルツェンコとモホリッチが追いつき先頭は3人に。しかし、モホリッチは2人のスピードについて行けず脱落。逃げは2人となった。

 また、追走集団の動きも活性化。ここまで全てのカテゴリー山岳を1位通過してきた山岳賞ジャージのヴィレッラを含む複数の選手が脱落。追走は、アラフィリップ、ソレル、グジャール、モホリッチ、クドゥスに絞られた。レースが進むにつれてメイン集団とのタイム差は拡大。160.2km地点のスプリントポイントで、その差は7分以上になる。逃げ切り勝負が確実になってきた。

必死に先頭を追いかけるクドゥス Photo: Yuzuru SUNADA

 残り13kmを切ったところで追走集団のグジャールがアタック。その動きにクドゥスが協調し、2人で先頭を目指す。先頭と追走のタイム差は10秒から40秒程度に保たれていた。

 ゴール前の3級山岳に先頭2人が差し掛かったところで、動きが出る。ハラーが脱落し、ルツェンコは単独で上ることに。同じ頃、追走からクドゥスがアタック、ペースを上げて先頭を追いかける。しかし、残り1kmを切ってもルツェンコとの差が縮まることはなかった。

 余裕ある表情のルツェンコと身体中から疲れが滲み出ていたクドゥス。やはり勝ったのはルツェンコだった。ゴール前、ウェアのファスナーをしっかりと締め、アスタナブルーに似た海をバックに勝利の喜びを噛みしめていた。

現在24歳。今後の活躍にも期待がかかるルツェンコ Photo: Yuzuru SUNADA

総合勢にタイム差 ヴァンガーデレンが総合2位に

 メイン集団はルツェンコから4分31秒差で、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)を先頭にゴールした。

 フルーム、エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)は同タイムでゴールしたが、ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)が9秒、ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム)は11秒、ヴェンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)は26秒など、集団が分断して総合有力勢にもタイム差が付き、大きく順位が変動する結果となった。

第5ステージ結果
1 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム) 4時間24分58秒
2 メルハウィ・クドゥス(エリトリア、ディメンションデータ) +42秒
3 マルク・ソレル(スペイン、モビスター チーム) +56秒
4 マテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) +1分11秒
5 アレクシー・グジャール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +1分24秒
6 マルコ・ハラー(オーストリア、カチューシャ・アルペシン) +1分37秒
7 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +1分40秒
8 イェツェ・ボル(オランダ、マンサナ・ポストボン) +2分4秒
9 マトヴィ・マミキン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) +2分18秒
10 ジェレミー・メゾン(フランス、エフデジ) +2分31秒

個人総合(マイヨロホ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 18時間7分10秒
2 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +10秒
3 エスデバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) +11秒
4 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム) +13秒
5 ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ) +23秒
6 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +36秒
7 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +49秒
8 アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +50秒
9 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +1分9秒
10 マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック) +1分13秒

ポイント賞(プントス)
1 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) 49 pts
2 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 31 pts
3 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム) 29 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック) 30 pts
2 リュイスギリェルモ・マス(スペイン、カハルラル・セグロスRGA) 11 pts
3 アレクサンドル・ジェニエス(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) 10 pts

複合賞(コンビナーダ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 15 pts
2 エスデバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット) 23 pts
3 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシングチーム) 29 pts

チーム総合
1 アスタナ プロチーム 53時間49分9秒
2 モビスター チーム +1分58秒
3 オリカ・スコット +2分1秒

敢闘賞
アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ブエルタ2017・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載