スマートフォン版はこちら

ニュージーランドの自然がモチーフ「チャプター2」が日本上陸 コンパクトエアロロード「テレ」を最速チェック

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ニュージーランドのロードバイクブランド「チャプター2」が日本に上陸した。エアロがコンセプトの「TERE」(テレ)は代表を務めるマイク・プライド氏自らが設計。8月22日のローンチイベントでお披露目されたばかりのテレを、丘陵地帯で試乗し、性能を確かめた。

チャプター2「テレ」 Photo: Shusaku MATSUO

プライド氏の“第二章”

チャプター2に込められた思いを語るマイク・プライド代表 Photo: Shusaku MATSUO

 プライド氏は以前、別ブランドでフレーム設計で腕を振るったが、より自らの理想を具現化できる場として、自らの“第二章”の意を込めチャプター2を2015年に立ち上げた。テレはニュージーランドの風土を強く意識したバイクだ。フレームの各所には特徴的なモチーフがペイント。これは現地の先住民であるマオリ族をイメージしたもので、山や海などの自然がテーマになっており、“テレ”は「素早く、速い」という意味を持つ。

 トップチューブは水平で、伝統的なフォルムにまとめられた外観だが、各所にエアロ効果を高める形状を採用。オークランド大学内にあるエアロトンネルで風洞実験を繰り返し行い、カムテールデザインをヘッドチューブやフォーク、シートチューブに取り入れた。カムテール形状は優れたエアロ効果をもたらすとともに、軽量化にも貢献。トラディショナルながら最先端の性能を実現させた。

東京・矢野口にある「クロスコーヒー」で開催されたローンチイベントには多くの来場者が詰めかけた Photo: Shusaku MATSUO
限定17台のみ生産されたツール・ド・フランスエディションも来場。第17ステージのコースプロフィールがダウンチューブにペイントされている Photo: Shusaku MATSUO

 テレはサイズ展開にもこだわりをみせる。アジア人体型を考慮し、プライド氏は「テレのXSサイズは、他メーカーのXXSサイズだと思ってください」と話す。フレームセットに付属するシートポストのオフセットは20mmだが、オプションでゼロオフセットタイプも選択が可能。フォークのオフセットも2種類あり、フレームサイズによってアッセンブルが異なるという。テレを選択するライダーが最大限の性能を引き出すために、ベストなポジション出しは欠かせない。

さわやかな印象のホワイト&アクアカラー Photo: Shusaku MATSUO

 リムブレーキタイプとディスクブレーキタイプがラインナップされる。カラーは通常3種類だが、限定カラーを定期的に発表するとプライド氏は明かした。ローンチイベントのこの日、ツール・ド・フランス限定エディションのバイクも来場。第17ステージのコースプロフィールをモチーフにしたデザインがダウンチューブに取り入れられていた。プライド氏が駆るグリーンのテレもスペシャルバイクだ。今後、シューズブランドのレイクや、ブレーキブランドのEEブレーキなどのブランドとコラボしたモデルもリリース予定だという。

プライド氏が駆るグリーンカラーのテレ Photo: Shusaku MATSUO
プライド氏のバイクにもマオリ族のモチーフがペイント Photo: Shusaku MATSUO

価格を上回る性能を発揮

エアロだけではなく、シートステーには快適さも求めた Photo: Shusaku MATSUO

 試乗したバイクはテレのディスクブレーキバージョンで、カンパニョーロ「H11」にホイールは「ボーラワン35DB」をアッセンブル。シンプルで、マットとクリアを組み合わせた車体はラグジュアリーに仕上がっていた。この日、テストライドを行ったのは東京・稲城市にある丘陵地帯「尾根幹」。低速でトルクをかける斜度や、アウターで駆け抜ける長い坂など、バリエーション豊かな上りとハイスピードな下りが魅力のコースだ。

キビキビとした剛性で、走りのリズムを合わせてくれるバイクだった Photo: Kenichi YAMAMOTO

 走り始めからキビキビさを予感させる踏みの軽さがあり、20km/h以下でも心地よいペダリングで走ることができた。いよいよウォームアップが終わり、フロントギアをアウターにかけ上りに突入。30km/hほどの速度で比較的パワーをかけてシッティング、ダンシングともに試したが、振りの軽さが素晴らしい。シッティングでは腰、ダンシングでは上半身の動きに合わせて、自然に車体が振れ、ストレスを感じない。低速では安定感を疑うかもしれないが、中速からはペダリングする体にフィットしたフィーリングへと変わるだろう。

ディスクブレーキとの相性も良し

 上りがあれば下りもある。ある程度速度が出る箇所でも、フロント周りの強度が高くライダーへ不安を覚えさせない。カンパニョーロのディスクブレーキとの相性も良く、握りこめば握りこんだだけ効く高いコントロール性能を発揮した。フレームに使用されるカーボン素材は100%東レ製。フロントセクションや、BB周りなど必要な個所に高弾性の繊維を施しているという。

カムテール構造のシートポストはトップチューブ側でクランプ Photo: Shusaku MATSUO

 テレにこれといった弱点はない。流行の小さめのリア三角に水平なトップチューブ。各所に取り入れられたカムテール構造に東レのカーボン繊維の組み合わせに間違いはないだろう。これだけの素材が盛り込まれたテレの価格は22万9999円(税込、送料込)※9月末まで。優れたコストパフォーマンスといえる。プライド氏は「競技性だけでなく、純粋なライドやファッションなど、テレに様々な価値観と楽しみを感じてほしい」とチャプター2の旗揚げを締めくくった。

チャプター2「テレ」
税込価格:229,999円(送料込み)※10月からは248,399円(リムブレーキ)、258,404円(ディスクブレーキ)
フレーム重量:950g(リム)、1015g(ディスク)
カーボン:東レT800(62%)、T700(38%)
サイズ:XS、S、M、L、XL

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

2017年モデル カーボン バイクインプレッション フレームセット レース向け自転車 ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載