スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2017「SPECIALIZED ALLEZ ELITE」 さらに総合力を高めた、入門機として万能なユーティリティバイク

  • 一覧

 アメリカを代表する総合バイクブランドの一つ、スペシャライズドの「ALLEZ」(アレー)はアルミロードのロングセラーモデル。新型アレーもロードバイク初心者が最初の1台として選びたい価格帯で、キャラクターに磨きをかけた。ラインナップは今回試乗した105仕様の「ALLEZ ELITE」(アレー エリート)のほか、10万8000円に抑えた手頃なパッケージの「ALLEZ SPORT」(アレー スポーツ)がある。

「SPECIALIZED ALLEZ ELITE」(スペシャライズド アレー エリート) Photo: Masami SATOU

SPECIALIZED ALLEZ ELITE(スペシャライズド アレー エリート
価格:162,000円(105完成車、税抜)
サイズ:49、52、54、56、58、61
カラー:サテンブラック/ホワイト/クリーン、グロスチームイエロー/ターマックブラック、グロスライトブルー/ロケットレッド、サテンクールグレー/グロスホットピンク
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン https://www.specialized.com/

スペック

フレーム:Specialized E5 Premium Aluminum
フォーク:Specialized FACT full Carbon
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:Praxis・Alba 2D 50×34T、 シマノ・105 11-32T(11s)
ホイール:DT R460
重量:8.70kg(54サイズ完成車実測値)

フロントにしっかり感が増し、コントロール性にも優れる進化を遂げたという Photo: Masami SATOU
アルミフレームの溶接痕は滑らかな仕上がり。ケーブルは内装式を採用する Photo: Masami SATOU
シートステーの接続位置が低くなり、コンパクトになったリヤ三角。タイヤクリアランスは700×28cまで装着可能 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 モデルチェンジを果たした、ロングセラーモデルの「アレー」。10万円台後半のアルミロードバイク完成車は激戦区とあって、このアレーもメインコンポにシマノ・105を装備して、高いプライスパフォーマンスを誇っている。

松尾 前作よりユースフルに、そしてレーシーに進化していました。ダボ穴がついたことでより使い道が広がったでしょう。泥除けも取り付けられるので通勤、通学にも使えそうですね。これによって、値段も含め、幅広いユーザーに支持されるのではないでしょうか。

米山 そうだね。先代のアレーも完成度が高いロードバイクだったけど、新世代になっても同じ印象。乗り心地良く、扱いやすく、軽快に走ってくれる。特徴そのままブラッシュアップされている。

松尾 前作よりもキレと伸びが良くなっていました。フルアルミだけに持って若干の重量を感じましたが、“乗って軽い”の典型でした。振りが軽いので、重量以上に取扱いがラクです。上りセクションでは重量分を相殺する、ダンシングの軽快さを実現していました。

松尾修作 Cyclistの編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 全体的に良いパフォーマンスなので、多少のチューンアップで、レースなどのハードな走りにも十分対応できるはずだ。

松尾 特に良かったのが高速巡行&スプリント。インプレロケ後にハイスピードの練習会で試用してましたが、金属的なパリパリ感ではなく、リニアに加速しバネ感が魅力の剛性と、トルクを加えるとリア三角が若干たわんで推進力に変えてくれる感じで、気持ちよく練習相手に勝つことができました(笑)。踏み込むとバックの三角が若干ながらしなるのが良いリズムになって、脚の回転をサポートしてくれるイメージです。

米山 前作より軽量化しながらの性能面の伸び幅は、さすがといったところ。フルシマノでないものの、リア11速の105メインなので段階的なグレードアップも可能。ちなみにクランクとブレーキ本体はシマノではないが、今回乗った限りでは別段不安はなかった。

松尾 エントリー層向けの車種でもあるので、このパッケージと、さらに手頃なタイプの2つになっていますが、もう少し上位パーツで組んだアレーにも乗ってみたいですね。もちろんここままでも、街乗りサイクリストからレーサーまでが満足するバイクではないでしょうか。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOU

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク

15~20万円 2018年モデル アルミ スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載