スマートフォン版はこちら

【Teamユキヤ通信】ビンクバンク・ツアー 第3ステージ新城幸也、ラスト1kmの落車を避け無事にゴール「調子をキープしていきたい」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 オランダ、ベルギーで開催されているビンクバンク・ツアー(UCIワールドツアー)に出場している新城幸也(バーレーン・メリダ)は、8月9日の第3ステージをトップと同タイムの58位でフィニッシュした。

フランス人の新城幸也ファンが日の丸を持って応援に駆けつけた Photo: Miwa IIJIMA

 第3ステージはオランダからベルギーに舞台を移し、北海に面した港町をスタート。南下しながらベルギー内陸部に入るほぼ平坦な186kmだが、この地域特有の横風が吹き、ゴール間際に雨が降り始めるなどリスキーなレースとなった。

ゴール直前での落車を回避し無事にレースを終えた新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 チームの最高位は昨年この大会でステージ優勝を挙げているルカ・ピベルニク(スロベニア)の25位。新城もメイン集団でゴールした。レースを終えた新城は次のようにコメントした。

 「今日は風があり、集団は中盤からナーバスな時間が続いたが、何も起こらなかった。残り5kmから雨で路面が濡れて、1km切ってから落車が起こった。自分は巻き込まれなかったが、なんとも後味の悪い終わり方となってしまった。ここまでトラブルなく来ているので、このまま調子をキープしていきたい」

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載