東京・浅草から直通「ジャパンカップトレイン」 今年も10月20日チームプレゼン日に出発進行!

  • 一覧

 10月20から22日に開催される「2017ジャパンカップサイクルロードレース」で、ジャパンカップファン専用列車「ジャパンカップトレイン」を運行する。チームプレゼンテーションが行われる20日、東武鉄道の浅草駅から東武宇都宮駅まで直通で走り、限定特典も付いてくる。

ジャパンカップファン専用列車 ©JAPANCUP

特典付き ジャパンカップファン専用列車

先着40名に、座席上に輪⾏保管スペースを用意 ©JAPANCUP

 「ジャパンカップ輪都宇都宮プロジェクト」の第4弾として登場するジャパンカップトレイン。昨年の好評を受け、今年も運行することが決まった。列車は、14時頃に東武鉄道の浅草駅を出発、16時12分頃に東武宇都宮駅に到着予定となっている。販売価格は、税込5000円。1回の申込みで5席分までご購⼊できる。申し込み締め切りは、9月30日までだが、先着順のため定員に達し次第締め切りとなる。

駅からチームプレゼン会場まで、徒歩4分 ©JAPANCUP

 特典として、プレスエリア後方の特別観覧エリアでチームプレゼンテーションを観ることができる⼊場権や、公式プログラム、ジャパンカップトレイン乗⾞を記念した限定のオリジナル乗車証明書、⼤会オフィシャルグッズ等が当たるお楽しみ抽選券などが付いてくる。また、先着40名に座席上に輪⾏保管スペースを用意。輪⾏希望者は近くの座席を使⽤し、輪行袋を保管してもらえるので、ゆったりと座ることができる。

乗車証明書 ©JAPANCUP
非売品クリアファイル ©JAPANCUP

ジャパンカップトレイン
日時:2017年10月20⽇
列⾞:【東武鉄道】しもつけ号 350系
税込販売価格:1名様 5,000円
申込締切︓9月30⽇
定員:180名(輪⾏40名)
最少催⾏人数:130人
座席:指定⾞両内自由席
旅⾏企画・実施:JTB関東 法人営業宇都宮支店

※申し込みは、WEBからのみ。先着順で、定員に達し次第締め切り
※⼀回の申込みで5席分まで購⼊可能

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載