迫力の「スプリントシート」も新設ジャパンカップの特設観覧席「エキサイトゾーン」 8月9日にチケット販売開始

  • 一覧

 10月20~22日に開催される「2017ジャパンカップサイクルロードレース」で、21日の周回レース「ジャパンカップクリテリウム」や22日のロードレースなどを間近で見ることができる特設観覧席「エキサイトゾーン」の観覧チケットが、8月9日(水)の午前10時に販売開始となる。今年は新たにロードレースのスタート・フィニッシュ地点前でステージや大型ビジョン、ゴールスプリントが見られる「スプリントシート」も設置。各シート先着順で、定員に達し次第締め切りとなる。

「ジャパンカップ2016」のエキサイトゾーン ©JAPANCUP

プレミアたっぷりのエクセレントシート

10/21 クリテリウム全体座席表 ©JAPANCUP

 昨年から設けられた「エキサイトゾーン」は間近でレース観戦を楽しむのに最適なエリアで、位置によって「エクセレントシート」と「スプリント-2Dayシート」「スプリントシート」「A-1」「A-2」「B-1」「B-2」の7つのグレードを設けている。

 20席限定の「エクセレントシート」は1席7万円で、クリテリウムのスタート・フィニッシュ地点付近の観覧席でレースを観戦できるほか、翌日開催されるロードレースでもスタート・フィニッシュ地点に設置する「ビラージュ」でレースを観戦できる。ビラージュ内には、大型ビジョンと同じ映像が見られるモニターが設置される予定。

10/22のロードレース座席位置 ©JAPANCUP

 また、エクセレントシート限定の特典として、ロードレース中、選手たちが実際に走っているコースをゲストカーに同乗して1周することができるほか、ロードレース・オフィシャルゾーンの一部への入場権利、さらには大会スタッフしか手に入らないオンヨネ社製のスタッフジャンパーを1席につき1着プレゼントされるという特典もついている。

レースをより間近で観戦できる ©JAPANCUP
今年は迫力のゴールスプリントを観覧できる「SPRINTシート」を設置 ©JAPANCUP

 スタートの瞬間や迫力あるゴールスプリントを体感できる「SPRINTシート」は2Dayシートと通常シートの2種類がある。通常シートはロードレースをスタート・フィニッシュ地点前の特設スタンド席で観戦でき、2Dayシートではさらにその前日のクリテリウムもエキサイトゾーン「A-1席」でレースを観戦できる(ロードレースでは特設スタンド席の最前列)。

 なお、「エキサイトゾーン」のチケットの購入者全員に、大会公式プログラムとオリジナルネックストラップが特典として配布される。

大会公式プログラム ©JAPANCUP
オリジナルネックストラップ ©JAPANCUP

「2017 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE」エキサイトゾーン

■グレード
EXCELLENTシート(20席):70,000円(※非売品のオリジナルジャンパー等限定特典付)
SPRINT-2Dayシート(24席):28,000円(ジャパンカップオリジナルサコッシュ等特典付)
SPRINTシート(99席):18,000円
A-1(146席):12,000円
A-2(193席):10,000円
B-1(92席):11,000円
B-2(92席):9,000円 (※全て税込)
 
■申し込み方法:「EXCELLENTシート」はオフィシャルWEBサイトのみで受け付け
「SPRINT」(2Day含む)およびA・Bシートは「チケットぴあ」で受け付け
「チケットぴあ」申込方法【Pコード:836-475】
(※いずれも8月9日午前10:00販売開始)
 
■申し込み締切:9月30日(土)(先着順。定員に達し次第締め切り。1人あたり複数席購入可)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載