マナーアップへ 但馬地域の高校では初香住高校で自転車免許制度を導入 兵庫

  • 一覧
自転車運転の実技講習を受ける生徒ら =香美町香住区の香住高校自転車運転の実技講習を受ける生徒ら =香美町香住区の香住高校

 自転車の安全運転意識などを高めるために、県立香住高校(香美町香住区矢田)は、学校独自で免許証を交付する「自転車免許制度」を導入する。1年生を対象に学科・実技講習を実施し基本的なルールを指導。但馬地域の高校では初めての試みという。

 香住高校では、自転車で通学する生徒が多い中で、基本的なルールを講習して免許証を交付することにより、安全運転の意識を向上させ、交通事故の防止を図るため、自転車免許制度を導入する。美方署でも、中学や高校に制度導入について呼びかけを行っているという。

 制度では毎年度、1年生を対象に学科・実技講習を実施する。ルールなどについて問う学科試験に合格すると、学校独自の免許証が交付されることになっている。

 今回は美方署の協力で、普通科、海洋科学科1年生計120人を対象に学科・実技講習を実施。15日には海洋科学科を対象に行われ、生徒らは実際に自転車に乗って白線の間を進むなどして安全運転の意識を高めた。学科試験もすでに行い、今後、免許証を交付する。

 香住高校では「自転車による通学者が多いので、事故などのないようマナーをアップさせるため、取り組むことにした」としている。

産経新聞 但丹版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載