新製品情報アルゴン18のガリウム、クオータのクレヨンがモデルチェンジ インターマックス2018展示会

  • 一覧

 世界中のスポーツバイクプロダクトを総合的に扱う代理店「インターマックス」の展示会が7月19日~20日に東京都千代田区で開催。カナダの「ARGON18」(アルゴン エイティーン)やイタリアの「KUOTA」(クオータ)の新型バイクをはじめとした数々のプロダクトがお披露目された。

モデルチェンジしたARGON18「Gallium」(ガリウム) Photo: Satoshi MURATA

新ガリウムプロも同形状に

フレームや完成車、ウェアからサプリメントまでを一同に展示 Photo: Satoshi MURATA

 先進的かつ豊富なTTバイクラインナップでトライアスロンの世界で名を馳せてきたカナディアンブランド「ARGON 18」。本年度はアスタナプロチームが採用し、ツールドフランスではファビオ・アルの活躍で一時総合首位に立つなど、ロードレースファンの間でも急速に認知度を増している。今回はフルモデルチェンジとなったミッドグレードのカーボンロードフレーム「Gallium」(ガリウム)、そしてフレームシェイプから刷新されたハイエンドディスクロード「GalliumProDisc」(ガリウムプロディスク)が登場した。

上部ヘッドベアリングの位置を変更出来る「プレスフィット3Dヘッドチューブ」 Photo: Satoshi MURATA
左右非対称形状でボリュームのあるBB周り Photo: Satoshi MURATA

 上位ラインナップのモデルチェンジに伴い、フロントフォークと付属のシートポストなどに多少の変更はあるが、現行のハイエンドモデル「GalliumPro」のフレーム構造とカーボン素材をほぼそのままミッドグレードの「Gallium」が引き継いだ。800gと軽量なフレームはBBドロップが75mmと低く低重心なため高速安定感が高く、また独自技術の「プレスフィット3Dヘッドチューブ」によりコラム剛性を保ったまま自由なポジショニングが可能と、オールマイティな特性と懐の深さが特徴。ミッドグレードとはいえ今年前半のレースまでプロツアーチームが使用したモデルのため性能は折紙付き、際立ってコストパフォーマンスが高い。

■アルゴン18「Gallium」(ガリウム)
税抜価格:280,000円(フレームセット)
サイズ:Size:XXS(502)、XS(520)、S(540)、M(560)、L(575) top tube
フレーム重量:800g

 本年度のツールドフランスでファビオ・アルが駆ったメタリックレッドのスペシャルカラーも記憶に新しい新型「ガリウムプロ」、そのベースとなった「ガリウムプロディスク」が登場した。

アルゴン18のハイエンドディスクロード「Gallium Pro Disc」 Photo: Satoshi MURATA
前後12mm(F100mm/R142mm)スルーアクスルを採用 Photo: Satoshi MURATA

 各パイプは大胆な形状変更が行われ、フレームのシェイプは現行モデルより全体的にボリュームアップ、剛性と空力性能を向上させた。ディスクブレーキはフラットマウント方式で、ホイールは前後12mmスルーアクスル方式を採用し(専用のスルーアクスルシャフト付属)、強固な足まわりとストッピングパワーを実現している。

■アルゴン18「Gallium Pro Disc」(ガリウムプロ ディスク)
税抜価格:450,000円(フレームセット)
サイズ:XXS(499)、XS(519)、S(539)、M(559)、L(577) top tube
フレーム重量:880g

クオータのエアロロード「クレヨン」がモデルチェンジ

ビビッドなカラーリングの新型、クオータ「Crayon」(クレヨン) Photo: Satoshi MURATA

 イタリアンブランド「KUOTA」のエアロロード「Crayon」(クレヨン)がモデルチェンジ。曲線基調のデザインだった旧モデルに対し、直線を多用したシャープな印象に生まれ変わった。5パターンのカラーリングなど、外見は派手だが構成部品は堅実かつシンプルにチョイスされている。シートポスト後部には振動を吸収するエラストマーシムが採用され、硬くなりがちなエアロロードながら高い快適性を実現した。

大きく変更されたトップチューブからシートステーへの形状 Photo: Satoshi MURATA
シートポスト後部に専用のエラストマー(2種付属)を挟み振動を吸収 Photo: Satoshi MURATA

■クオータ「クレヨン」

税抜価格:319,000円(ULTEGRA仕様完成車/268,000円(105仕様完成車)
カラー:イエローブラック/ブラックグリーン/モザイクオレンジ/モザイクグリーン/モザイクレッド
サイズ:XXS(490)、XS(505)、S(525)、M(539)、L(559) top tube

完全無縫製でほつれないシームレスアームカバー

柔軟性に優れ腕にフィット Photo: Satoshi MURATA

 ロードレースからトレランまで、多くのスポーツで圧倒的な支持とリピーターを誇る日本のスポーツレッグウェアブランド「R×L」から、完全無縫製で作ったアームカバーに新作が登場。シェイプが改良されフィット感がアップした他、全4色とカラーバリエーションも増加。肌触りが良くムレにくいので、日焼け防止からアームウォーマーとシーズンを選ばず使えるのも魅力だ。

視認性の高い蛍光カラーとシックなブラックのラインナップ Photo: Satoshi MURATA
人気の5本指ソックスなど多くのラインナップを展示 Photo: Satoshi MURATA

■R×L「TSA-11シームレスアームカバー」
税抜価格:2,800円
カラー:ブラック/スカイ/フラッシュピンク/フラッシュイエロー
サイズ:フリー

CDJビッグプーリーキットがR8000/R9100に対応

 カーボン補修のパイオニアとしてだけでなく、ビッグプーリーなどオリジナルパーツの開発にも余念がない日本の「カーボンドライジャパン」から、R8000/R9100に対応した新型ビッグプーリーキットにミドルケージが登場。セラミックベアリングを用いた大型かつ高精度なプーリーによって回転効率を向上。また大きな歯車を組み合わせた事でチェーンラインがクロスした状態でもトルクが掛けやすい。ガイドケージは表面処理が2種類、プーリーはアルマイト3種類、ベアリングも2種類から選択が可能なため、カスタマイズの自由度も高い。

ショートケージに加え、34T対応のミドルケージも登場 Photo: Satoshi MURATA

■Carbon Dry Japan「CDJ ビッグプーリーキット SHIMANO R9100/R9150/R8000用」
税抜価格:42,250円(ショート)、44,500円(ミドル)
プーリーガイドカラー:マットカーボン/グラスカーボン
プーリーカラー:ブラック/レッド/ゴールド
ベアリング:セラミック/フルセラミック(+6,000円)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク30~50万円のロードバイククオータ(KUOTA)のロードバイク

20~30万円 2018年モデル 30~50万円 アルゴン18 インターマックス クオータ フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載